着物のプロフェッショナル

 

ようこそここへ……木村陽子です。

花火、夏祭り、甲子園、オリンピック。真夏の大イベント満載ですね。私がこの時期一番よく着用する衣服と言えば浴衣です。

気軽にさっと着ることができるようになったのも仕事などで必要にせまられて…という理由からですが、自分で着るとやはり帯がゆがんだり、襟足がだらしなく感じられたりするんですよね。

それに私は、浴衣はオーダーではなく既製品を買うことが多いので、浴衣に着られている感でしっくりこないことが多いのです。

ただ一度だけ、神戸の海上花火大会のプレイベントのお仕事で 呉服屋さんでお借りして、着せていただいたことがあります。

それがこの写真。浴衣も着やすくてまるでオーダーしたみたいにぴったりでした。

私の自己流の下手な着付けではせっかくの浴衣も台無し!   ということで、呉服屋さんのご主人様と奥様に着付け、セットもお願いしました。

そうするとその日1日は本当に気持ちよく、何の心配もなくお仕事ができましたし、この安心感に深く感動を覚えたのでした。

プロフェッショナルの仕事とは 人に感動をあたえること

とよく聞かせてもらいますが、まさに着物のプロフェッショナルから感動を与えてもらった瞬間でした。

今年はアマチュアの自分の着付けでおでかけしまあす。だからちょっとお見せできないわ(笑)

皆さま すてきな夏休みを……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です