宮城県の旅 気仙沼市と南三陸町~縁をつないで③

ようこそここへ……木村陽子です。

旅の楽しみのひとつは食。ここでしか食べられないもの、ご当地の食材をふんだんに使ったお料理に舌鼓を打つ。
私も中学生の相棒といっしょに、出していただくダイナミックなご当地グルメに胸をおどらせ、めいっぱい頬張りました。

はじめていただくものもあれば、食べたことはあるけれど、本場の味としてはお初!のメニューもありました。
南三陸町と気仙沼市は漁業が盛んな街。やはり海の幸が美味しい!

到着後初の食事は南三陸町のホテル観洋で。ごはんが隠れんばかりにトッピングされた海鮮丼や、旬のお刺身がお皿に並んだ定食などなど海鮮ずくし。

何にしよう!キラキラ~っと瞳を輝かせながらメニュー選びをする私も相棒もお昼は麺類派。なんと!

ありました。ありました。海鮮らーめんが!

image

ぜったい食べたことはないし、ここでしか食べられないよね~って二人で納得して注文!
わぁ~こんなにたくさんの海の幸!ミネラルたっぷりです。スープもぜんぶ飲み干しました。

昼食後はホテル観洋のお風呂で湯~ったり。海を目の前にした露天風呂《天女の湯》で裸のお姫さま気分(笑)
これがお風呂の入り口。浴室に行くまでのこの空間、、まるで姫気取りでゆっくり歩き

image

ここから先はおみせできませぬ~~~
いいお湯でした。感謝と合掌

お風呂のあとはホテル観洋でお土産えらび。。。これも旅の楽しみ
そしてこのあといよいよ気仙沼入りです。

今の気仙沼の街の様子や感じたことは後程書かせていただくことにして、
気仙沼の美味しい~をご紹介しましょう。

と、ここでちょっとこぼれ話。ホテルについて荷物を置いて、ちょっとだけ、10分だけのつもりで横になったら
電話が遠くでなっている。相棒が慌てて電話を私の耳元に近づけてきて、目がさめました。

30分も寝てたみたい!しびれをきらして玉谷記者が電話をかけてきてくれました。
私のどこでも寝ることができる図々しさにあきれ顔の玉谷さん。お待たせしてごめんなさいm(__)m

寝ぼけた顔でお店にGo!今夜の夕食は玉谷さんおすすめの気仙沼ホルモン!
ホルモンといえど気仙沼ホルモンは豚のホルモンなのです!名物!

これがまた、こってりしているかと思いきや意外とそうでもない。あっさりしすぎてもいない。私の感想ですが、くちどけは牛より優しく甘さも感じました。

image

中学生はこのホルモンをたらふくいただき、ごはん3杯もおかわりしていました。
す、すごい(笑)

夜ごはんも最高に盛り上がりました!

次の日の朝はホテルのバイキング。二人とも起きて頭ぼーっとしたままでカメラも携帯も持たずにレストランにいったものですから、朝食の写真はありません。

フカヒレスープは何杯もおかわりしましたよ~

気仙沼フィナーレの昼食はなんと!もどり鰹のお刺身とたたきの二刀流を。
さすが!鰹の水あげ漁No.1の気仙沼すごいわ!たたきは知っていましたが、刺身はそうそう食べるチャンスはないですからね。

油がのって焼いた芳ばしさと新鮮さが入り交じり、口の中で味がひろがる感じ。
手前~右側にお刺身が。。

image

かなりのボリュームでしたが、ぺろりと完食しました。大満足!ごちそうさまでした

名物を現地でいただくこの幸せ感。
これからも美味しいものをたべに何度も足を運びたいな~~

心も体もお腹も満たされた旅の食でした!

さあ、いよいよ気仙沼で見たこと聴いたこと感じたこと。

宮城県の旅 気仙沼市と南三陸町~縁をつないで
ファイナルに続く・・・・

“宮城県の旅 気仙沼市と南三陸町~縁をつないで③” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です