2016年10月1日 新しい1歩

%ef%be%9a%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%bd%b5%ef%be%9d%ef%be%84%ef%be%9e%ef%be%87%ef%bd%b0%ef%be%99

ようこそここへ・・・木村陽子です。

10月になりましたね。

9月はなんだかバタバタしていまい、このブログも気まぐれブログみたいになってしまいました。反省しております。

この反省をばねに・・これからはきちんと書く!書きますね。 サイトに来てくださった皆さま、懲りずにどうぞよろしくおねがいいたします。

さて!10月というと放送業界では番組改編というものがあります。

テレビやラジオでなじみの番組が9月で最終回??なんてことがあると思います。これは各局が番組の見直しや編集、新しく展開するために行う改編のため。

私は今2つのラジオ局でそれぞれラジオ番組を担当させていただいています。このたびの改編で、最終回を迎えたもの、担当を卒業した番組があります。

担当していた番組がなくなる・・とてもさびしいことではあるのですが、どんな人気番組でも、長寿番組でも、必ず終わる日がやってきます。

たった3か月でも、1年でも、3年でも、10年でも、終わるときが、その番組担当を全うした時なのでしょう。

中には志半ばにして途中降板をしなくてはならない出演者もいます。それでもそれが、その番組担当者としての寿命なのでしょう

このたびの改編でこのブログの私の出演番組欄はちょっとスマートになりました

これはこれで良いことだと思っています。

人間にはそれぞれに器の大きさがあるよ、と両親がよく言いました。器以上のものを入れるとあふれてしまう。

器の大きさにぴったり合ったものに真を込めることができる。このたびの改編は私自身の器の大きさの改編でもあったのです。

自分では週5本の番組をなんとかやりきっているつもりでした。しかし、どこか無理をし、取り繕い、その場その場をやりすごしてきてしまったのかもしれません。

写真に靴をアップしました。いろいろなカラーがあります。

自分にピッタリの色を選んでもサイズが大きすぎたらぶかぶかで足に負担がかかり、すぐに歩けなくなります。

逆に小さすぎたら窮屈で痛くなって、これもすぐに歩けなくなります。靴のサイズが合わないほどつらいことはありません。

それと同じで、自分の器に合わない材料や量を注いでも、あふれたり、変色したり、本質を見失うだけなのです。

それよりも、その器を改良するほうが成功への近道だと考えます。自分という器を大きくするも、狭めるも自分次第ですね。

2つ番組が終了したといっても、今3つの番組の担当者でもあるという自覚をもって、自分というものもしっかりもって、ぶれない自分を培っていきます。

そして木村陽子という器を大きく、質もよく、改良いたします。

このブログを見てくださっているみなさま、滞ていたら「何してるねん」とコメント入れて叱ってください。

ちゃんとコツコツかけていたら💛マークをいっぱいコメントしてください。

これからもどうぞよろしくおねがいいたします。

2016年10月からの木村陽子の新たな決意でした!