偶然と必然の旅 熊本②

②のblogが消えていました。これも必然でしょう
私が熊本に行った理由もそえて再度構築、記録しました。

熊本の夜は名物をしっかり食しました。
辛子蓮根 馬刺

ご当地ではじめて🔰
お酒がすすみます。ってそんなに飲んでおりませんが
蓮根にぎゅぎゅっ!からしがねりこまれていました。

しゃりっ!つーん!ツンデレの味!

image

馬刺は本当にあっさり。これは特上のため油が良くのっていますが、でもあっさり

image

そうだ!到着したお昼は熊本らーめんでした。豚と鶏の出汁があわさった旨みは、、ミルクの味と感じました。

image

そして夜のホテルのバーでセロリとラ・フランスのフレッシュカクテル

image

うふふ~ほろ酔いな二人

image

そしてお土産、、どれだけ(笑)
image

右上から海老のさつまあげ・からしさつまあげ《8個入りのはずが、帰ったら4個に??なんでーなんでー》知らぬ間につまみぐいしたかも(笑)
いきなりだんご・しょうがのさつまあげ・おにぎりのり・熊本らーめんふりかけ・阿蘇高菜漬け・わかめ・くまモン水・熊本ショコラ・くまモンふりかけ・スープ・熊本応援詰め合わせです
楽しいねお土産えらび

今回の偶然と必然の旅 熊本。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

気ままな女性二人旅でしたが熊本の街が快く受け入れてくれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。くまもんにもお世話になりました

image

しめくくりに薬師丸ひろ子さんの歌
あなたをもっと知りたくての歌詞を

もっともっとあなたを、もっともっと知りたい
今何してるの?今どこにいるの?そして愛してる人はだれですか

image

もしもし、私だれだかわかる~?(笑)

支援とかボランティアとか大きなことは今の私の環境ではできませんが、何かあったらどんな手段をつかってでも、時間がかかっても声をかけます。

そしてこの歌詞のようにいつまでもこんな気持ちで東北や九州の方たちを、街を思いつづけたいな

これは21年たった阪神大震災の私の街や人に対しても同じです。

恋しい人を思う気持ちと同じように・・・忘れないで思い続けます。

熊本!ありがとうございました♥

本日のお客様@ラジオ関西さんちかときめきタイム

11月16日OA・ラジオ関西さんちかときめきタイム

この日はゲストをお迎えしました。

神戸相楽園会館館長 神戸トルコ友好協会会長 加藤利明さん

今回は11月18日㈮神戸市立相楽園会館大ホールで行われた熊本地震支援チャリティー公演

「メヴラーナ旋回舞踊神戸初公演2016」をご案内していただきました。

まず、神戸市立相楽園、相楽園会館をご紹介します。

相楽園は、元神戸市長 小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、明治18年頃から築造に着手され、明治末期に完成したものです。昭和16年以降神戸市の所有となり、中国の古書『易経』の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」からとって「相楽園」と名付けられ、一般に公開されるようになりました。なお、平成18年1月26日に相楽園が国の登録記念物(名勝地)に登録されました。
image

春夏秋冬それぞれの顔をたのしませてくれる庭園。今は菊花展開催中です。

そして、相楽園北西に位置する相楽園会館
ここで、今回の公演が行われました。
image

さて、本題のメヴラーナ旋回舞踊とは?初めて聞く名前!トルコのこともほとんど知らない私にとって、なになになにー?!の世界です。

フライヤーを見るとなにやら不思議な動きをしている。これは舞踊?でも神秘的!観てみたい!
image

13世紀の神学者メヴラーナジェラーレッディンの教えに由来する神秘的な踊りで

トルコ伝統音楽の調べにのせて、踊り手は無我の境地の中コマのようにくるくると回転していく幻想的な舞台芸術
 

 

ラジオで加藤さんが『滅多にない公演、おそらく、私が生きている間にはもう観ることはできないのではないか』とお話されていたのでなかなかないチャンスと思い、私も11月18(金)足を運ばせていただきました。

舞踊が始まる前に、神戸・トルコ友好協会が企画、神戸芸術工科大学の学生さんが作成した紙芝居『神戸とトルコの物語』が紹介上演されました。私はこの紙芝居でトルコと日本の友情の歴史はお互いの国でおこった災害や戦災とともに育まれてきたものだと知りました。

こうして、トルコと日本の友好関係を学び、いよいよ!開演
加藤さんのお計らいで特等席で拝見できました。

とにかく儀式ですので写真や録音はもちろんNG
しっかりと心のシャッターで記憶に納めました。

日本の神事と同じだと思いました。
舞踊の時に演奏される楽器も打楽器や笛で、神社で奉納される舞楽・雅楽と同じように思います。

厳かで、力強い生命の息吹きを感じ、目に見えない大きなものに抱かれている心地よさを感じながらすごしたひととき。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

先達が繋げてこられたトルコと神戸・トルコと日本の深い友好関係が
これからの世界平和につながりますように。

会場の相楽園表門前に佇む兵庫県公館。
image

偶然と必然の旅 熊本①

それは、一本の電話からはじまりました。
『陽子ちゃん!熊本へ行こう!』

image

まずはじめに、この旅を企画し、私を熊本へ導いてくださった、一般社団法人日本パーソナルファッションカラーリスト協会 理事長 なかがわやすこさんに心からお礼を申しあげます。

熊本への旅、はじめてでした。でもご縁は深いのです。親戚がいたり、伯母や従弟の奥さまのふるさとであったり。

以前担当していたラジオ関西の番組で、ゲストにお越しいただいた
歌手の八代亜紀さんも熊本出身で収録の時にいろいろお話をうかがったり。

だから今回、はじめてだけど、はじめてではないような気持ちでした。

さて、そんな熊本へ11月13(日)朝に出発!大阪空港から1時間で到着!リムジンバスに乗って、まずは宿泊ホテルに荷物を預けに直行。ここまでは想定内の行動です。

image

そしてここからが、俺たちの旅!ならぬ私たちの旅!何にも決めていない?どこにたどり着くのか~
とにかく、リムジンバスに乗っていたときに見つけた『熊本市現代美術館』へ

image

特別展『ジブリの立体建造物展』へいきなり突入しちゃいました。
地元では出会えないであろう展覧会へ!今しかないと、、、

熊本に来てまずは美術館??

いやいやそれが、、私たちが、この街の歴史的建造物を学ぶ第一歩になったのです。この展開は
偶然のようで、実は必然だったのだと、あとから思えば思うほど感じます。

image

image

ここまでは写真撮影OKでした。あとはNGでしたのでごめんなさい。

さて、ジブリを見ながら、この現代美術館内で《熊本城のこれから》という講演会があると知り、鑑賞を早めに終えて会場である美術館のライブラリーへむかいました。

この講演会で熊本城のシンボルが石垣であり、鯱瓦、鯱ほこではないということを知りました。
そのシンボルがかなりのダメージをうけてしまった今回の地震。

私は正直、熊本地震の映像で写しだされる熊本城の姿を見ながら《石垣だけでよかった》って思っていたのです。天守閣は無事そうだし、石垣だけだからたいしたことなくてよかった、などと。なんと浅はかな!

image

image

お話を聞けば聞くほど、大変なことだと!石垣だから余計に復旧が難しい。

それと、もっと恐ろしいことは…

熊本地震が発生したのは夜。もし、昼間発生していたら、、、
お城の開園中に発生し、あれだけの石垣が崩れていたら、、、

たくさんの人が石垣の下敷きになり、行方不明者も多数出ていた。それもどれだけの方が、という把握も難しい。そうなると

文化財だのなんだの言ってられない。とにかく探さないといけない。
崩れた石垣の中を探しまくるしかない。

そうなるとどうするか?重機は崩れていない石垣を壊してルートをつくっていくしかない。

そうすると最初の1週間で文化財の大半は消滅していただろうと言うことでした。

石垣が崩れることの危険。これはあり得ることですが、
いざ、崩れたときに壊れていない石垣の保護をする方法がないなんて。

重要文化財の保存。今までは観光と活用のバランスと共存。
これからは文化財としての保存をしながら、安全性をどう向上するか

今後の復旧の課題ですね。これはどこの文化財にも言えることです。

講演会のあと、夕暮れ時でしたが、とにかくこの事実をこの目で確かめようと、すぐに足をお城へ向けました。

加藤清正公が祭られている加藤神社から見える天守が一番近い

image

小天守。この写真ではあまりよくわからないかもしれませんが、お城の建物自体はほぼ無傷。しかしよく見ると瓦と石垣が崩れています。
加藤神社から撮影

image

大天守の中の展示物もほぼ無傷。何一つ、崩れることなくそのまま残っているそうです。
石垣はほとんど上の方が崩れています。

image

立派なお城でした。黄昏時の天守閣を見て涙がでました。

加藤神社の前

image

熊本城の完全復旧を遂げるのは20年はかかるのだとか。20年目標!
もしかしたら、もっとかかるのかもしれない。でもこの目標を達成し、
次の世代にきちんと引き継ぎをしたいと言われていた。

熊本城の復旧が熊本の復興につながっていくのかな。
一心同体だ…

image

とにかく前へ‥…つづく

野球の基本はすべての基本

ようこそここへ・・・木村陽子です。

10月22(土)西宮市長杯・日本サクドリー旗争奪第7回兵庫県親子ティーボール大会が西宮市甲子園運動公園で行われました。

image

この大会の目的は、ティーボールを通じて少年少女がお母さんと元気に触れあい、心身の健康とより良いコミュニケーションを図ること

同じグラウンドで、お母さんと低学年の子どもたちが一緒に打って、走って楽しくプレーをしながら改めて親子のきずなを深めることができるスポーツです。

少年野球とほぼルールは同じですが、ピッチャーから投げられたボールを打つのではなく、目の前に置いてあるボールを、止まっているボールをバットで打つのです。これが!意外に難しい!(笑)止まっているのだから簡単と適当にふったら空振りします。

私も9年前に、当時小学校3年生の息子といっしょにチームから出場させてもらいました。そのとき中々あたらず
空振りばかり。息子にこそっとどうしたら打てるの??と聞きました。するとひとこと

『ボールだけ見てたらいいねんで。打ったあともボールをみとくねん』私『わかった!やってみる』

そして打席に入り、深呼吸、、そしてボールだけを見つめバットを大きくふりました!すると!スコーンと体がねじれポーンと軽いタッチ!打てました!レフト前。ボールだけをみてた。すぐファーストに走り込みセーフ。

そのときにファーストを守っていた相手チームの子どもが『うわぁぁぁ風神雷神みたいなごっつい風がきたーー』と
叫んでいました。私、めちゃ本気ではしりましたから…すごい勢いだったと思います。ちょっとちょっと!
風神雷神ってあなた…

しかし、止まっているものを動かすって本当に力が要ります。力をいれるのではなく、力が要るということです。
力を抜く力も必要ですね。そして一途になること。これは物事を動かすことの基本の基本かもしれません。

人の心を動かすのも同じなのでしょうか、私は同じだと思います。自分のきもちをガンガンぶつけるだけでは
相手の気持ちはは動きませんものね。

押したり、退いたり、叱り、誉めるの匙加減が、子育てにも必要です。

ティーボールを子どもに教えてもらいながら、親子で力を合わせてバットをふったこと。そんな思い出を振り返りながら、今回は改めてご縁をいただき開会式と閉会式司会を勤めさせていただきました。

開会式の中で、大会名誉顧問の株式会社日本サクドリー 井上輝美社長が『親孝行をしてください』という言葉を選手に投げかけておられました。そして・・・

二度と訪れない心の記憶の景色、今しか存在しない親子の景色をティーボールを通じて培っていただきたい.

とも。

止まったボールを親子で動かしたあのときを、思い出すことはできても、私はもういっしょにすることはできないな~歓声を聞き、プレーを見ながらちょっと羨ましく感じました。今ある子どもとの時間を大切にしよう。

写真は日本サクドリー井上社長とグラウンドにて
image