偶然と必然の旅 熊本①

それは、一本の電話からはじまりました。
『陽子ちゃん!熊本へ行こう!』

image

まずはじめに、この旅を企画し、私を熊本へ導いてくださった、一般社団法人日本パーソナルファッションカラーリスト協会 理事長 なかがわやすこさんに心からお礼を申しあげます。

熊本への旅、はじめてでした。でもご縁は深いのです。親戚がいたり、伯母や従弟の奥さまのふるさとであったり。

以前担当していたラジオ関西の番組で、ゲストにお越しいただいた
歌手の八代亜紀さんも熊本出身で収録の時にいろいろお話をうかがったり。

だから今回、はじめてだけど、はじめてではないような気持ちでした。

さて、そんな熊本へ11月13(日)朝に出発!大阪空港から1時間で到着!リムジンバスに乗って、まずは宿泊ホテルに荷物を預けに直行。ここまでは想定内の行動です。

image

そしてここからが、俺たちの旅!ならぬ私たちの旅!何にも決めていない?どこにたどり着くのか~
とにかく、リムジンバスに乗っていたときに見つけた『熊本市現代美術館』へ

image

特別展『ジブリの立体建造物展』へいきなり突入しちゃいました。
地元では出会えないであろう展覧会へ!今しかないと、、、

熊本に来てまずは美術館??

いやいやそれが、、私たちが、この街の歴史的建造物を学ぶ第一歩になったのです。この展開は
偶然のようで、実は必然だったのだと、あとから思えば思うほど感じます。

image

image

ここまでは写真撮影OKでした。あとはNGでしたのでごめんなさい。

さて、ジブリを見ながら、この現代美術館内で《熊本城のこれから》という講演会があると知り、鑑賞を早めに終えて会場である美術館のライブラリーへむかいました。

この講演会で熊本城のシンボルが石垣であり、鯱瓦、鯱ほこではないということを知りました。
そのシンボルがかなりのダメージをうけてしまった今回の地震。

私は正直、熊本地震の映像で写しだされる熊本城の姿を見ながら《石垣だけでよかった》って思っていたのです。天守閣は無事そうだし、石垣だけだからたいしたことなくてよかった、などと。なんと浅はかな!

image

image

お話を聞けば聞くほど、大変なことだと!石垣だから余計に復旧が難しい。

それと、もっと恐ろしいことは…

熊本地震が発生したのは夜。もし、昼間発生していたら、、、
お城の開園中に発生し、あれだけの石垣が崩れていたら、、、

たくさんの人が石垣の下敷きになり、行方不明者も多数出ていた。それもどれだけの方が、という把握も難しい。そうなると

文化財だのなんだの言ってられない。とにかく探さないといけない。
崩れた石垣の中を探しまくるしかない。

そうなるとどうするか?重機は崩れていない石垣を壊してルートをつくっていくしかない。

そうすると最初の1週間で文化財の大半は消滅していただろうと言うことでした。

石垣が崩れることの危険。これはあり得ることですが、
いざ、崩れたときに壊れていない石垣の保護をする方法がないなんて。

重要文化財の保存。今までは観光と活用のバランスと共存。
これからは文化財としての保存をしながら、安全性をどう向上するか

今後の復旧の課題ですね。これはどこの文化財にも言えることです。

講演会のあと、夕暮れ時でしたが、とにかくこの事実をこの目で確かめようと、すぐに足をお城へ向けました。

加藤清正公が祭られている加藤神社から見える天守が一番近い

image

小天守。この写真ではあまりよくわからないかもしれませんが、お城の建物自体はほぼ無傷。しかしよく見ると瓦と石垣が崩れています。
加藤神社から撮影

image

大天守の中の展示物もほぼ無傷。何一つ、崩れることなくそのまま残っているそうです。
石垣はほとんど上の方が崩れています。

image

立派なお城でした。黄昏時の天守閣を見て涙がでました。

加藤神社の前

image

熊本城の完全復旧を遂げるのは20年はかかるのだとか。20年目標!
もしかしたら、もっとかかるのかもしれない。でもこの目標を達成し、
次の世代にきちんと引き継ぎをしたいと言われていた。

熊本城の復旧が熊本の復興につながっていくのかな。
一心同体だ…

image

とにかく前へ‥…つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です