野球と少年~少年野球に思いを馳せて~

 

image

私がが小学生の時、地域で少年野球のチームや組織はありませんでした。
同級生男子たちは『今日野球しよーぜ』と好きなときに、やりたい人が集まって楽しんでいました。

私は野球が好きではありませんでしたが、当時好きだった男子が
ミラクルヤンキースという野球チームを作って遊んでいたので
時々見に行っていました、、その男子を(笑)

公園も今のようにボール禁止なんてなかったし、わぁわぁ言いながら
楽しんでたなぁ~

時々自分のところに飛んでくる球を拾って彼らに返してあげる
『ありがとう』と笑顔で手をあげてくれるのが嬉しくて。

時にはけんかもしながら、でもその時はとことん仲間で話し合って解決
今思えばそれが少年野球の原点ではないのかなとも思います。

いつのまにか時代が変わり、少年野球チームが増え、親もかかわり少年少女の本格的な野球活動の場ができあがりました。

良い悪いは別として、今では将来のプロ野球選手の発掘の場にもなっているように感じます。

image

私事ですが、二人の息子は少年野球経験者です。
一人は野球がしたくて、したくて、自ら入団をしました。

サウスポーでしたから最後はピッチャーをやらせてもらいました。
が、そこが運命の分かれ道。

打たれる度に、自分が悪いと思うようになり、プレッシャーを感じ
マウンドに立つのがつらいと思うようになったのです。

image

最後まで続けましたが、卒部の時に監督から『中学で野球を続けるのか』との問いに『わかりません』と答えました。
中学生になってからは得意の長距離走を伸ばすために陸上部に入部。
今では箱根駅伝を目標にしているランナーです。

もう一人はお兄ちゃんがしてるから見に行っていて何となく入部。
好きでもないけどきらいでもない。雨だったら練習が無くなるから
ラッキー!そんなゆるい部員でした…

が、監督やコーチにかわいがっていただく反面人一倍叱られた部員です。

そんな彼、結局はキャプテンをつとめ、中学生になった今でも野球を続けています。

image

少年野球を通じて二人の子どもは何を学んだのか
私なりに分析をしてみました。

駅伝に移行した子は自分には何が合っているのかを気付かせてもらった
もう一人は続けることの楽しさを体感できた。

人生好きだからできるってわけでもない。好きなことだけできる仕事なんて、、ないと思う。そんな人もいるかもしれないけど稀でしょう。

同じ好きでも下手の横好きか好きこそものの上手なのか
極端な話し、そこまで気づかせてもらったと思います。

私はこの子たちのおかげで少年野球の存在価値、すばらしさを体感する事ができました。

そして今年は西宮軟式少年野球連盟の皆様とも素敵なご縁をいただきました。西宮軟式少年野球連盟のHPは↙↙↙↙↙↙
http://nnbb.jp.net/

西宮は阪神タイガース本拠地・ホームグラウンドがあるところ
少年野球の数も多く活動も充実しています。

どうかこの西宮の街から心身ともに素晴らしい野球選手が誕生してくれますように。

祈りと願いをこめて、連盟主催では一番大きな大会のお手伝いをさせていただきました。これからもこの気持ちは変わらないと思います。

何となく昨今の少年野球は親がたいへんだとか思われがちです。
家庭の事情は、ひとそれぞれ。なのでたいへんなのは当たり前です。

親は基本子どものためにできることをできるかぎりする。
この気持ちとボランティアで指導をしてくれている監督コーチへの
感謝の気持ちを持っていれば大丈夫!

いたってシンプルなことです。

やさしく強い!そんな人間形成にスポーツは最適なアイテムだと私は考えます。

私が想う少年野球とは
人生においての基本姿勢を教えてくれる伝道師《ちょっとおおげさ》かな(笑)

ようこそここへ
読んでくださりありがとうございました

“野球と少年~少年野球に思いを馳せて~” への2件の返信

  1. 男前さま
    コメントありがとうございます~よくご存知ですね
    備長炭をいれて炊いてみました~
    備長炭おそるべしです☆笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です