愛があれば??年の差なんて・・・食事とともにはずむ会話

今日はさくらFM「赤ちゃんへの手紙」の収録のあと、
25歳年上の里子さんと食事をしました。里子さんは草笛光子さんのようなダンディーな女性。

東京からここ西宮に来て40年余り。東京にいたころは、橋の設計などを手掛けるエンジニアとしてバリバリと
仕事をしていた里子さん。独自の人生観を語ってくれる姿は凛々しいです。

写真のお料理プラス、蓮根まんじゅう、茶そば・・無駄のないお料理に舌鼓をうちました
いっしょに食卓を囲むといろいろな話ができますね。

朗読鑑賞が大好きで、特に吉永小百合さんの朗読は何度も聴きにいかれているのだそう。

あなたもこれから魂が揺さぶられようなる朗読をしてね・・と言ってくださいます。
魂が揺さぶられるような・・・深いな

さくらFMの「赤ちゃんへの手紙」時々聴いてくださっているそうです・・うれしい

二人で一杯ずつお酒をのみました。
最高のコミュニケーションタイムでした。

今日もありがとうございました❤

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です