言葉の不思議 その力と怖さ

今日は少し硬いお話しを・・

言葉遣い一つで身を助け、滅ぼす。

今日も政治家が「長靴屋が儲かった」発言で辞任。

公の発言は本当に気を付けなければと思います。

写真は3年前の夏のこと。

私用でどうしても折り鶴を折らなければならなかったのですが

私は当時鶴を折ることができず、当時さくらFMで担当していた生放送番組で

「鶴が折れなくてこまってます!どなたか助けてください」と言ったところ

後日、その放送を聴いていた香川県のリスナーさんが兵庫県に用事があって

出てこられた際、わざわざ折り鶴をもってさくらFMにお立ち寄りくださったんです。

かなりご年配のかただったそうで、スタッフもびっくり。本当にありがたいやら、申し訳ないやらで、ちょうどゲストの子どもさんも来ていたので、手伝ってもらい、スタジオにセット!写真を撮ってSNSにアップもし、その方にも見ていただきました。

このとき自分の発言に責任をもてないようではいけないと、改めて実感。

日常生活の中でも何気なく言い放った言葉が

人に勇気をもたらすこともあれば、幻滅させることもある。

しまった!言葉よもどってきて、、と思っても

出た言葉はもどりませんものね。

実は今日、ある方とラインで言葉遣いについてやりとりをしました。

このお話しの詳しくは

明日かかせていただきますので

またお付き合いくださいね。

あなたもきっといろいろ思うことがあると思います。

自分ならどうするか・・置き換えて考えてみてくださいね

では、続きはあした・・またお待ちしています

今日もありがとうございました。

折り紙は自ら形を変え、いろいろなものを変身させてくれる

言葉も、使い方によってはその人の見方をがらっとかえてしまいますね