3月11日 祈り

手を合わす

6年の歳月は街の様子と
人の心をかえた。

でも心の奥底にある魂の叫びは
あの日からぴたりととまったまま

変わっていくもの
変わらないもの

変わらなければいけないこと
変わってはいけないこと

後世に伝えないと
しっかり生きて伝えないと

東日本大震災後4年8ヵ月たって
はじめて足をはこび

何か目に見えない大きな力に
ひきよせられた

ここに来たとき、ついさっきまで存在した
93名の方々の命の残り香を感じた

『これからたくさん逢いに来ますね』
かたく約束を交わす

今日は縁をつないでくださった
三陸新報社記者の玉谷さんから

ここに眠る93名の方たちへ
想いを伝えていただいた。

白は新たなはじまりの色だから…

2017年3月11日
祈りをこめて…

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です