風と雲と桜・・さくら

桜の花は下を向く。私の鼻は上を向く。

私は少し背伸びをした。ゆっくりと顔を近づけてみると・・

ざわざわと物珍しそうに私をみおろしている。

やさしいけれど強い花 いや、やさしいから強いのか 強いからやさしいの?

限られた時間のなかで、めいっぱい花を咲かせる

雲多き灰色のキャンバスでもおかまいなし。時には春風に身をまかせひらひらと華麗に揺れる

そして散るときは一気に潔く・・

根のはりかたはとてつもなく広くて強い。アスファルトなんて平気で覆すぐらい・・根強いということはすごいことだね。

ねぇさくら~あたしね・・・ちょっと弱音をはきたくなった。

ふふ~なによそんなことぐらいで・・鼻・華・花であしらわれました(笑)

一年に一度の逢瀬…

七夕よりも切なく感じるのは私だけでしょうか。

いつでも会えないもどかしさ。だけど久しぶり…でもない。いつも心にいてくれる

日本の心…さくら

西宮市花…さくら

今日もありがとうございました

またあした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です