ランナー…自分を信じて

今日のテーマは走る

毎年4月に行われる兵庫リレーカーニバル。今年は65回目

まず、兵庫リレーカーニバルとは↓↓↓↓

 

オリンピック開催年には代表選考を兼ねる大会として重要な意味を持っている。そのため国内の有力選手も多数参戦してくるが、地元の高校生中学生にも門戸を広げており、参加選手が非常に多い大会としても有名

ということで、たくさんの陸上ファンが、そして親御さんたちが応援にかけつけています。

という私はごめんなさい、今日も明日も観にいけない。だけど色々なところから情報をいただき、まるで生で観戦したような気になっています。

 

しかし、私は走るのが大の苦手。でも走っている人を応援するのはとっても好きです。

ここであらためて走るについて考えてみました。

自分の足で勝負するってどんな気持ちだろうか。自信もないと走れないでしょう。

ランナーに必要なのは…

天性の持っている才能と努力をするという才能でしょうか。 

それとも自分以外の誰かのために、何かのために走ることができる心?

どちらも必要……ですね。

一度だけ、こんな私が無我夢中で走ったことがありました。多分、そのときが人生の自己ベスト(笑)

それは父が危篤という知らせをうけたときでした。学生時代でしたから、先生から知らせをうけました。当時バイクに乗って通勤していた先生は、すぐさまバイクで送ると言ってくださいました。

だけど、そのとき。『いいです!自分でかえりますから!』と、ただひたすら走って走って走って帰ったことをおぼえています。バイクのほうが、早いに決まっているのに……

なぜ走ったのだろう。

きっと自分の足で動いたほうが確実に父のそばに行ける!そう思ったのでしょうね。

ただ、気持ちがそこにはありました。

だからきっと、そこに何か気持ちが備わったときが

自己ベスト!

だと私は思います。

ということで、今日はこのへんで……

また明日……素敵な日曜日を




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です