桃.栗三年.柿八年…そして私はここで十年。

ラジオ関西さんちかスタジオでお仕事をさせていただくようになり気がつけば今年で10年,

今でもオーディションの時のことが忘れられません。あのときスタジオ前の夢広場はあじさいの花でいっぱいでした。

当時マネージメントをしてくださっていた方に連れられ、スタジオのプロデューサーにご挨拶をしたすぐあと

『今、スタジオやってるから見に行きましょう』と、なりまして『じゃあ、今からあそこで3分しゃべって』と。えーー!

当時スタジオを担当していたDJさんからふっていただき、しゃべりましたが、正直何を話したのか、、ほとんど覚えていません。

ただ、あじさいが目の前に絨毯のようにひろがっていましたから、それをみたまま話したことは覚えています。

あれから10年。

季節ごとに変わるスタジオ前のオブジェ。

実のある、実りある日々に感謝です

先週水曜日から佳生流家元西村公延先生の秋らしい生け花が飾られていました。

鈴なりの柿を見てタイトルの言葉が浮かんできたのでした。感謝

ここであの日からずっとお世話になり育てていただいています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です