『見て』『見ていて』一語のニュアンス

子どもの頃、はじめて逆立ちができたとき(家の中で)

うれしくて何度も何度も父や母や兄や姉に

『ねぇねぇ見て見てーー』と逆立ちを披露した。

そのとき、みんな一瞬立ち止まって見てくれるけど、

それぞれ忙しいので『すごいね』と一言放ちその場を立ち去ります(笑)

こちらは見てくれた事によろこびを覚え、それだけでも嬉かったことを

記憶しています。

さて、大人になり逆に子どもからよく『見といて』

と言われるようになりました。

『見て』、、じゃなく『見といて』と。

『見といて』というのは

見ておいて』『見ていて』の関西バージョンかな?

ここでは『見といて』で書きます。

それはともかく『見て』と『見といて』

一語入っただけでもずいぶんニュアンスがちがいますね。

『見といて』は見守ってて。

見て』は楽しんで。かな??

画像で言うとこれが『見といて』イメージ↓↓↓↓

陰ながら長い時間見守る感じ。スタッフが本番のスタジオをみているのはこんな感じ

で、これが『見て』イメージ↓↓↓↓

本番!近距離で一瞬!突発的に盛大に!かな(笑)

 

さぁ、あなたはどちらの言葉を多く耳に口にしますか?

『見といて』『見て』

私個人的には『見といて』という気持ちがいっぱい。

なので

このサイトはいつも…ずっと…

見ていてね《笑》

-追記・まとめ-

人に見てもらう、見といてもらうということは、、その人のテンションとパワーをアップさせる

大切なスパイス、、ということをお伝えしたかったのです(^^)

 

 

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。