君の名を呼ぶ…ウィットにとんだネーミング!

木村陽子。

きむらも、ようこも、ごまんとある。

だから自己紹介で自分の名前をいう時に、

なにかひとひねりあったらと思いながら、

いつもふつうです。

『あ~ほらほら司会してた人、木村ーーーなんとかさんや』

『たしか、ほら、なんちゃら陽子言うてたで』

とかね。

でもひとつだけ、多いがゆえに

『ようこ』という名前の漢字は??と

聞いてくれる人が多いのには救われます。

そのときは、誇らしげに

『太陽の陽です!』

いや、そんなことはどうでもよいのです。

最近、ネーミングですごいなと感動したこと!

大阪の万博記念公園にある

『ニフレル』

ニフレル』という

アミューズメントがあるということで、

興味もありましたが

なかなか行けなかったのです。

それが

ひょんなことで、立ち寄ることができました。

生き物にふれる・アートにふれる

○○に触れる→○○にフレル

で《ニフレル》なんですってね

え!そんなことも知らんかったの?

とつっこまれそうですが、、

ただただシンプルな発想から生まれたネーミングに

感動したのでした。

その名のとおり

いろいろな角度から、ふれることができました。

生き物に・アートに・ネイチャーに・・・

水族館のような、美術館のような

動物園のような、サファリのような。

学術名などほとんど書いていなくて。

ただ感覚で。

そこにいる人たちだけが味わえる感覚です。

なるほど~と思えるようなネーミング

シンプルだけど意味を聞いたら忘れない

ぜひ次世代を担う赤ちゃんにはそんな名前を

写真撮影可だったので一部掲載いたしますね

-ちょっとこぼれ話-

忘年会シーズンですね。

居酒屋さんや、お店に

グループで予約をするときに

予約の名前が誰かということを

知っておかないと

そこになかなかたどりつけませんよね(笑)

私が今度参加する忘年会

どうやら予約者名が

『八時だよ全員集合ーー!』らしいです

たぶん遅れてしまうので

店についたらまちがいなく

『あのーー予約の、、八時だよ!全員集合ですが』

もうーー!たぶん笑って言えません。

どうにかしてーー(笑)

それともうひとつ。

私の亡祖母の名前は《トラエ》さん

ニフレルで

ホワイトタイガーを間近に見て

改めて祖母の名前について

いろいろおもいました

強くて、きっつーい人だったけど

情と愛にあふれた人でした

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。