ショウライノユメハ❓タダイマカンガエチュウ

-平成30年1月8日成人の日-

新成人おめでとうございます!

各地でくりひろげられる成人式を見ながら

成人式とは、など考えてみたりします。

今は昔ですが私の場合

成人式は親が忙しくて不在。

着物など一切用意もありませんでした。

当時は『なんで?冷たい親やなっ』

て思ったけど、、、

思えばこれから自分のやりたいように

やっていけるということを

教えてもらったような気がして

今では感謝の気持ちがわくのです。

-当時-

12月に母から

『そういえば、来年成人式やね。何にも用意してないし、その日は私もいないから』

ぽそっと言われました

『は❓まじ❓』

と心の中で思いましたが

たいへんなのはわかっていたし

成人式に参列しなくても

バイトしてるほうがいいかな

と考えていました。

が!友達と話をしていくうちに、

何色の振り袖着ていく❓になり……

そこからハートに火がつきました。

成人式の着物!着たい!着たい!着たいー!

ずーっと思うようになりました。

どうしたら着物きられるやろう!

毎日歩きながら考えていました。

そのとき……

たまたま結婚式場の

『パート事務員募集』のチラシが

あっ!

その結婚式場にそのまま飛び込み

私がむかった先は衣装室

『成人式の着物を借りたいです!どれぐらいで借りれますか❓』

『最低3万円からですが❓』

『すみません、そんなお金がありません。ここで働かせてもらってそのお金でお貸りできませんか』

スタッフのおばさまたちは目をまるくして

私を上から下までなめるように見ていました。

『ちょうどあなたにぴったりの仕事があるわ!お正月あけてすぐに来れますか❓』

とチーフみたいな女性が一言。

『はい、来ます!仕事内容はなんですか?』

『ブライダルフェアーで和装のモデルをやってもらいます。着物をかりてもらうほどお金はだせないけど、そのかわり従業員あつかいにして、半額で貸すことはできるし、着付けも髪のセットもぜんぶ込みで💴10000でどう❓それなら大丈夫❓』

ラッキーでした!もちろん!

ふたつ返事で決めました。

なんてすばらしいバイトなんだ!感謝(*≧∀≦*)

そしてバイト当日

いきなり知らない男性と夫婦を装い

お色直しまで経験(笑)

これが当時のバイトの写真↓↓↓初公開です。

おかげ様でこのあとは

好きな着物を着せてもらい

プロの着付けで

成人式に参列しました。

成人式のあとは

祖父母や親戚の家に振り袖姿を見せに行き

お祝いをしっかりいただきましたよ(笑)

-未来の新成人へ-

奨学金問題、高齢者問題、日々暗いNEWSを見て

今の若い人たちは将来のユメを描けないとか。

でも、どんなふうに時代が転ぶかわかりません。

バブルがくることも、崩壊したことも

みんな偉い大人はわからなかった。

でもね。

すべて予想通りに事が運ぶなんて

そんなおもしろくない世の中こそ

夢がもてません。

大どんでん返しがあるから

みんながんばれるのでは❓

何十年後のことを考えて

万全な準備に必死になるより

ついそこにある現実の楽しみを

自分の手でつかみ味わうことが

夢をきりひらく

はじめの第1歩ではないのかな

-二十歳-

これから自分でなんでもできる!

だから

今まで見守り育ててくれた

周りの人に最高の晴れ着でお礼を述べる日

それが私の想う成人の日……

おしまい

ショウライノユメハ?

タダイマカンガエチュウ byコドモタチ

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。