言葉だけの表現

2018.2.7(水)ラジオ関西さんちかときめきタイム

お店紹介でのこと

写真のアルペングローという

チョコをご紹介しました。

これは宇治抹茶&黒豆のチョコレートですが、

ラズベリー&アーモンドや

スイートチョコ&ヘーゼルナッツなど

他にもいろいろあります。

このアルペングローを

紹介するときに

「高い山にごろんと戯れる岩石のような割りチョコ」

という表現をしました。

あとでディレクターに

あの説明で想像できました?

と聴くと

んんーという返事。

実はこのチョコを見たとき

「無作為につくられた不揃いの割れチョコ」

が最初のイメージと伝えると

このまま言ったほうが

わかりやすかったのではと

言われました。

やはり、、そうか

最初にぱっと浮かんだり、

思ったことが

本当の想い

と聞いたことある。

でも今回「無作為」「不揃い」が少し

マイナスなイメージにならないか

そんなことも考えたわけです。

しかしなから伝え方も

あれやこれやと

考えず

シンプルな方がいいのかもね

今日はそんな勉強をしました。

今日お送りした曲は1982~1983年

♪ヒューマンリーグでファシネーション

♪TOTOでロザーナ

♪ローラブラニガンでグロリア

また来週

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。