犬も歩けば棒に当たる!でもまっすぐではだめよ

犬も歩けば棒に当たる!でもまっすぐではだめよ

進学塾 BIG BANG代表松原好之さんのお話を

身近に生でお聞かせいただく機会に恵まれました

医大に行くならまずはBIG BANGへ

大手河合塾の専任講師などを経ての現在

作家でもある松原先生のこれまでの経緯というと、

それはそれはすさまじい(笑)でも憧れますね

すさまじい内容は割愛させていただきます。
ー先生の卓話第1声ー

『犬もあるけば棒にあたる』

でも、それは、、、ただ歩いていれば

何かあるという意味ではない。

まっすぐに歩いていてもだめ。

たくさんの寄り道をしながら進むと

福運に巡りあう

棒というのは福運ということでした。

歩くというのは先程のすさまじい生きざま
ー私木村のあたった棒ー

まぁ、わたくしごときの人生で

本当はお目にかかれるなんてこと

ない方です。

まさに4月14(土)の夜

わたしは棒に当たりました(笑)

名刺も頂戴しラジオ関西に

先日いらっしゃったことや他

言葉をかわしてくださいました

松原好之さんのこと詳しくは

↓↓↓↓クリックしてみてくださいね

松原好之オフィシャルサイト
ー女性として耳を傾けた言葉ー

『学生時代は女性のことしか

考えられなかった』

ぱっとみてきれいでかわいくていいなと思う人には

高嶺の花で声をかけられない

だから親しみやすく

2番目にいいなと思う人に

手紙を書きアポをとりつきあったそうな

が!!

このあとのお話は内緒ですが。

ここで!

なるほど!もてる女性とは

2番手なんだ(笑)

人生でもてたことがない私は

高嶺の花やったんやーーと心の中で

自分を慰めました(笑)
ー最後にー

オリンピック選手でも

仕事の成功者でも

必ず一度はびっくりするぐらいの

どん底人生を味わっています

そこからどんなふうに這い上がり

展開していくのか

もう本人次第なんですよね

楽しくお話を聴かせていただきながら

私も

まだまだいける!な~んて思いました

松原先生の貴重なお話

このご時世を生き抜く糧として

心におさめさせていただきます

コメントする