100%の成功より1%の可能性

━武庫川女子大学体操部大野監督━

頭の中でいろいろ考えてもしっかり

アウトプットできないと意味をがない

アウトプット!!!私の苦手分野です。

苦手だからやらない

そうすると、結局それが何もやらないことに

繋がるんですよね‼

今日はそんなあかん私のために

武庫川女子大学体操部大野監督が

お話をしてくださった!!!と思える機会に

恵まれました。

さらっと書きましたが

武庫川女子大学体操部監督

大野和邦先生とは……

東京オリンピックの体操種目で最も注目を浴びている選手の一人

村上茉愛(むらかみまい)さんを

(2017年の世界体操では女子の日本人選手として

63年ぶりに金メダルを獲得した選手です)

高校3年生まで指導されたコーチです
━プロとして伝えるべきこと━

結果がすべてと言われるプロの世界

プロ監督として

ご自身の経験をいかして

結果よりプロセスが大切な学生アスリートに

伝えていることをお話してくださいました!

「できるできないは通過点、やるかやらないかで決まる」

「どんな小さなことでもいい、できることから日本一」

もともとできなくてもいいことを、できるようになるまで

わざわざやっていくと

それがじつは大きな一歩につながると。

━木村陽子が今やるべきこと━

そう、苦手なアウトプットができなくても

今のところ、私は仕事で困ることはない

でも、それをいいことに何もしないでいると

何も前には進まないんだろうな〜

それはいやだ!

さてと、どうする?

まず

私ががこうなりたい思っていることや

何をしようとしているのかを洗いざらい

書き出してみる。

そしてそれができたら言葉にだす

呟き、独り言でもよい

そして次は誰かに投げ掛ける

まずはそこから

それがないとはじまらないです

大野先生曰く

とにかく1%の可能性を引き出す

それが100%の成功につながる

と信じて動く

大きな大きなアドバイスをいただきました
━必ず達成させる目標にむかって━

武庫川女子大学体操部専属トレーナーで

日本体育協会公認アスレチックトレーナー

柔道整復師でもある

安藤弘晃先生にお願いして

早速武庫川女子大学の体操部の練習を

見学させていただくことになりました

ちいさな一歩ですが

少し滞っていたことを

またやります

1%でもやればかけ算で増える

やらなければ0

かけ算しても0

自分の可能性を信じて

0を1 1を2 2を3に

プラス

まずはここから・・