無事願う七夕の夜空見上げ

平成30年7月7日

記録的な豪雨に襲われた日本列島各地

被害に遇われ亡くなられた方へ

心からおくやみ申し上げます

私も生まれてはじめての経験です

立て続けに起こる自然災害に

憤りを覚えました

先日の地震と同じく

誰もが大切な人の無事を願ってやまない。

目に見えない大自然の何かに

守られ生かされている私達。

恩恵を受けて感謝の気持ちをもちつつも

このような形で驚異を見せつけられると

なぜ!どうして…と問うてしまいます。

と、言いながら大自然からのメッセージを

素直に受けいれられないのも本当のところです。

ここのところ、身近に遭遇する自然災害で、

自分の本質が、わかったような気がしたんです

いつもと同じように仕事はこなしているんです。

でも

大きな環境の変化に心が対応できずにいる。

多少被害を被っても、命にかかわるほどではない。

なのに、パニックになる。

そして、皆の心配をよそに発信力を失い

まるで冬眠している熊のようになる。

というか、率直にいうと

冬眠をしているふりをしたくなる。

心理学なんてわからない

でも、なにか触れたくない

直視したくない私がいる。

SNSで無事を伝えることさえも拒みたい

みんなが心配してますよ

無事をつたえてくださいと…

それすらスルーしたい。

どこかおかしいのだろうか。

と思っている間に時間だけが

すぎる。

あの人なんの連絡もないけどうしてる❓と

心配だけさせて。

そんな私がブログに書こうと思えたのは

公私ともに仲良くしてくれている方からの

今朝のラインだった。

ブログが全く更新されていないことを

しんぱいしてくれて、一言心配と。

嬉しくも、申し訳なくもおもい、

今の現状と気持ちを彼女に打ち明けました。

吐露したという表現の方が近いかも。

そうしたことでなのか、急に

自分が本当はどうしたいのか、本心が

見えましたというか言葉に写し出された感じです。

冬眠したいと言いながら

七夕の笹と短冊を用意して

しずかにしずかに綴りました。

そのことを打ち明け、彼女にみてもらったことで

あたしは、やはり心のどこかでは

なにかしら発信したいと思っているんやなっ

それが誰に向けて、何に対してが

わからなくなり、寝たふりをしてしまう。

多分、大きくみないと、とか

広く発していかないとあかんと思うことが

つかれた心をつれてきて

なにもかも嫌になるんだろう。と

これがあたしの性格の癖なんでしょうね

なおらない(笑)ですね

これだけはお伝えしたいです

無事でおります

ご心配くださったみなさま

口にはださないけど、どうしてくるかなと

思ってくださったみなさまの存在に

感謝の気持ちでいっぱいです

ありがとうございます

まだしばらく冬眠するふりがあると

思いますが、そのときは

あ、また熊のふりしてる

って思っていてください。本当のところ

いじっていただくとうれいしいかもです

今夜は七夕。星に願いを

というより

カミングアウトみたいなブログでした。

最後までよんでくださりありがとうございました

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。