噛む…想定外?いや想定内

噛む…想定外?いや想定内

9月最初の一週間がおわりました

いろいろありましたね

このたび北海道の地震で

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします

そして被災された方の生活が

1日でも早く落ち着きますように…

 

=今週がスタートしました=

何が起こるかわからない毎日

明日はいつだって想定外

今ついていた電気だって

突然消える

きれいに並んでいるイスだって

人が座れば必ず動くし乱れます

 

=想定外・予想外=

言葉を発するのだって

噛まないと思っても

予想外に噛むこともあります

しかし、この予想外は

たいてい自分が大丈夫という

気持ちがある時に発生するもの

生放送のリポーター仕事で化粧品の

紹介をすることがあります

化粧品ってカタカナの

長い、読みにくい、覚えにくい名前が多い。

絶対に噛んではいけない商品名

だから、何度も何度も練習します

噛むかも知れないと想定するから

そうすると意外に本番では噛みません

そうかと思えば、え!そこ??

というような場面で噛むことがある

まさか!私はここを噛むわけがない

大丈夫という安心から、練習に

それほど力を注いでいないところ

練習していないところ

つまり、備えていないところです

しかし一度噛んだ言葉は

二度と噛みません

これは私個人的な経験値から

思うことですが

【想定外を経験すると

それは想定内になる】

同じ鉄は踏まないように

心するようになります

想定外だと嘆くより

経験と捉えてみようと思います

想定外、想定内

 

あなたはどうですか

コメントする