不思議なコンサート

神戸三宮にある“高砂ビル”現在の“100BANスタジオ”

高校生のとき友人のバンドライブがあり

でかけたことがあります。

それ以来、足が遠のいていましたが

平成30年11月25㈰

クラシックピアニスト藤井輝彦さんのコンサートで

訪れる機会に恵まれました。

外観は当時よりかなり綺麗になりましたが

館内は当時とほぼかわっていない

旧居留地に佇む港湾関係機関風の建物、高砂ビルでの

クラシックピアノの演奏会??

正直想像がつきませんでしたが

いざ行ってみるといい意味でうらぎられました!

少人数制でサロンコンサート風に構成されたアットホームさ、

客席は長机にパイプイス、講座を受けている気持ちにもなり、

癒しと楽しさと学びの3拍子そろった内容の濃い演奏会でした。

客は私を含めて3人…

この人数がちょうど良いのだと藤井さん

丁寧に作られたパンフレットの中は…

ベートーヴェン【月光の曲】の成り立ちと面白いエピソードや

プログラムの中にあるドビッシー ・バッハ・ショパンの曲の

念入りな紹介がされています。

最後は谷川俊太郎の詩の群読や浜辺の歌の輪唱など

あたたかなコンサートでした。

なんといっても藤井輝彦さんの演奏にうっとり

特別な時間にさせてくれたコンサートに

また行きたい・・そんな気持ちが溢れました

藤井輝彦さん

ありがとうございました🎵

最後に

藤井輝彦さん情報はこちら

↓↓↓↓↓

藤井輝彦さんブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です