【震災忌花屋で浮かぶ君の顔】

平成31年1月17日

わたしはいつもの朝だった

いつもと違うのは

黙祷と神棚の遺影に花を添えたこと

昨日できなかった取材にでかけ

帰りにまつげエクステに行き

風邪で寝込んでいる家の高校生に

食事の支度を整えに帰る

そんな日常をこの日も

当たり前のように過ごす

でも当たり前でないのだと

心で言いきかせている

今日は大切な人たちの

命日だから

いつも守ってくれていて

ありがとう

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。