八年の伝え方

あの日から八年。

震災後四年が経って

はじめて宮城県気仙沼市に赴く。

その時に連れて行っていただいた

杉ノ下地区

九三名の方々の名前が石碑に並ぶ。

地震発生時ここがどういう場所だったのか

説明を聴いた時は愕然とした。

たしかにここにあった命の証

心の記憶にのこしてねと

言われたようだった、いや言われたのだ。

忘れない。

あれから毎年一回は気仙沼へ。

昨年は仙台、東松島、石巻へ。

しかし気仙沼へは足をのばせなかった。

今年は逢いに行くと心に決めた

杉ノ下地区へは四年越しになる。

四年前とはずいぶん変わったと

石碑の場所も移転をしたと聴く。

月日が経っても場所が変わっても

ご遺族の方々、被災された方々の

悲しみは止まらない。

今朝OBCラジオ大阪の生島ヒロシさんの番組で

気仙沼の方々の生の声を聴かせてもらった

その中に私を杉ノ下地区の九三名の方々と

引き合わせてくださった

地元新聞社 三陸新報社記者の

玉谷誠一さんが

街の復興がもたらす震災の記憶の風化を

どうやって防ぐか

説得力のある風化防止を強く訴えておられた

それを聴いて

やはり、もっもっと足を運ぼうと。そして

家族、子ども、大切な人に口伝する。

震災のことだけではなく、

素晴らしい場所や特徴、そして美味しいものも。

いっぱい伝えていっぱい足を運んでもらえるように・・



radikoのタイムフリー↓↓↓↓↓↓3月18(月)まで聴取可能です

⏩生島ヒロシのおはよう一直線│OBCラジオ大阪│2019/03/11/月 5:30-6:30 h