初々しさを知る

令和元年7月1日

今日も新しい風がふきました。

お昼は。

10代の頃からの友が美味しいお蕎麦をごちそうしてくれました

彼女と話していると過去の自分と向き合えます。

スビリチアルってあまりよくわからないけど

自然に…自分の弱さをさらけ出せるというか。

こりかたまったものがほぐれていくのです。

そう、お蕎麦のあとに出てくる蕎麦湯の

ような…あたたかくやわらかい

夜は。

8月10日に京都で披露宴の司会を

させていただくことになり、顔合わせに

新郎様と新婦さまにお会いしてきました。

平成生まれのお二人。

育ててくれた家族への大切な想いや、

ご友人やお仲間に楽しんでもらえるような

披露宴にしたいという気持ちを話してくれました。

私がすっかり忘れていた気持ち…

思い起こさせてくれました。

打ち合わせ中思わず涙がこぼれました。

7月…私は誕生月。

誕生日は親に感謝する日だと、以前

私より十歳以上も若い人が呟いてた。

私はというと…

自分の我を通す。

強情。

迷える子羊みたいに振る舞いながら

超がつく負けず嫌い。

おまけにへんなところで

完璧主義者

でもつっこみどころ満載。

いったいどうしたいの??って感じです。

そんな自分をしっかり見つめ直しなさいよと。

令和元年の7月1日は教えてくれました。

謙虚さと引っ込み思案を

心の強さと強情を

自由とわがままを

はきちがえるな、、、と

 

こんなわたくしですが

令和の7月もどうぞよろしくお願いいたします♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です