メッセージを受け取る日

亡き父は8月15日になると毎年客間で大の字になり

レコードをかけていた。それも軍歌…

子どものころ、その姿が不思議でならなかった。

幼稚園の夏私は母に『お客間でお行儀わるいねお父さん』と言うと

母は『しー!陽ちゃん、お父さんはね、お空にいる大切な人とお話してるのよ。だからそっとしてあげてね』

その時全く意味がわからなかった。

父は16歳のとき広島県江田島で終戦を迎えた。

海軍兵学校77期生(現在海上自衛隊第一術科学校)

父からこの時代の話はほとんど聴いたことがない。

今年下の息子が父のその当時の歳、満16歳になった。

高校の軟式野球部に所属していて、

本当は今日から合宿に行くはずが、台風のためオフになった。

時間ができたため

母のところへ連れていって父の御霊にご挨拶。

8月15日…

毎年必ずなんらかの形でメッセージを受け取る。

仕事であったり、映像であったり、いつもと違う音であったり。

この日は天に召された大切な人が帰ってくる日

今年も静かに祈りを捧げ後世に伝える日になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です