『君は弾かなくていい!僕の手伝いをして』今でもそこに・・

11月17日 兵庫県川西市みつなかホール

今回は天才ピアニスト モナ・飛鳥さんのピアノリサイタルでの

アナウンス《陰》

仕事関係者の間では《陰アナ》という。

この陰アナこそが、この仕事の第一歩だった。

高校3年生の夏、ピアノ教室の発表会に

出演ではなくお手伝いをするように先生から言われる。

なんでなん?!とその当時は正直残念な気持ちで

当日を迎えた。

神戸文化ホール大ホールの舞台そでにアナウンスブースがあり

行ってすぐそこでプログラムを渡された。

マイクに向かって、ほぼ初見、いや初見!笑

プログラムナンバーと、演目、出演者名を読み上げた。

終演後先生からポチ袋を渡され、すごくよかった!助けてくれてありがとう!と

喜んでくれたことに、驚きをかくせなかった。

あの高3の夏がなければ今頃私はこうして

マイクに向かって声を出す仕事をしていない。

発表会から1年半後 先生は交通事故で亡くなられた。

この仕事をするようになって、時々

先生のことを知っている、音楽家の方々とお仕事をさせていただく。

空の上から引き合わせてくださったかな。

神聖なるステージの袖。

いつも何かに護られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です