〜大和路の夕陽に白き芒かな〜

奈良から福岡に移り住む友人の送別に。

平城宮跡、朱雀門広場を歩きながら別れを惜しむも

旅立ちを祝う。

引っ越しの準備で大変な中、

とっておきの場所に連れて行ってくれた。

平城宮跡に生い茂るススキは太陽が照らすと

白く光るという。

この日はほとんど太陽がでなかった。

しかし、夕陽の時間…

一瞬の出来事だった。

夕陽が雲をかき分け、まるでスポットライトのように

ススキを照らす。その瞬間をスマホカメラにおさめた。

出逢って17年。実際に会って話したのは

17年のうちたった4日ほどだったけど、

まあ、ほんとに

私の仕事にも役立つ事をたくさん伝えてくれた同世代。

インターネットをバリバリ使いこなすが

インターネットにのっていないようなこと【へー!そうなんだ】を

教えてくれたり。

たくさんの人たちが別れを惜しむ中、

ちょっとフライングして、朱雀門をバックに!

ありがとう!どうか福岡でもお元気で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です