万博!着物 ! 神戸! santica!そしてサテスタ!

令和二年二月七日…サテスタに着物姿の可愛らしい女性をお迎えした。

さんちかホールの催し物『きもの万博in神戸santica』(2月6㈭〜2月11㈫開催中

スタッフ安田みささん。なんとデニム地のお着物!

気軽に着る。新しい着こなし、すぐに洗えるなど着物はちょっと敷居が高いと思う人にもおすすめのシリーズでお客様をお出迎え。

santicaホール恒例の着物がテーマの催し物。きもの万博2020春

もちろん万博のコンパニオン(スタッフ)は全員着物姿。

ただ、着物や帯、草履小物を展示販売するのではない。

万博というその名のとおり、各ブースごとにいろいろなイベントを展開している。

帯のコーナーでは”プロに習おう帯結び教室”と題しておしゃれなアレンジから正統派帯結びまで学べる

例えば

美容師が教える着物ヘアアレンジでは、ふだんにも活かせるナチュラルアレンジを。

好きな鼻緒が選べるためとっておきの一足をオーダーできる”お履き物BAR”

各ブースのネーミングも昭和を思い起こさせるレトロな感覚で、、良い感じ。

着物に慣れていない人も、着物大好きな人も楽しんでもらえる催し物だと安田さん。

今、外国の方々が着物を着て日本の観光を楽しんでいる。

それならば日本人の私自身がもっともっと着て楽しまないとな〜などと想った。

それに世界が注目するオリンピックイヤーでもある2020年!和の服装文化を学び纏いたいと、これもあらためて想った。

しかし勝手に着付けの稽古を休みまくっている木村が言う言葉ではないかもしれない(。・_・。)(笑)