ゆれる思い…

ゆれる思い…

『リクエスト…ゆれる思い』

A4サイズのノートに縦書きで書いてあった。

7月29(水)さんちかサテスタの館内DJ

『さんちかサテスタDJタイム』

60歳〜70歳ぐらいの男性が

ガラス越しにリクエストをくださった。

『ガラス越しのリクエストメッセージも大歓迎です!』

声を放た瞬間その男性は立ち止まり、しばらくして

徐にノートを取り出しペンを走らせ、スタジオのガラスにぴたりとくっつけて見せてくれた。

その後すぐ

笑顔で手を振って立ち去った。

次のDJタイムの一曲目にそのリクエスト曲

『揺れるおもい』をかけた。

『ガラス越しのリクエスト』はガラス越しのコミュニケーション。

ここ一、二年で促すようになったが、まだまだ定着はしていない。

ガラス越しの……を、気軽に行っていただけるよう私たちパーソナリティの工夫と努力はこれからも必要だ。

きっと今日のその男性は

リクエストしようかどうしようか…

ゆ・れ・る・思・い・だったにちがいない…

“ゆれる思い…” に2件のコメントがあります

コメントする