『お、おい!』大学生の息子(元野球部)が、バットで壁にかかっていた紙袋をつついた瞬間ぶーーーんと羽を広げて2メートル先の窓のカーテンへ。

『うわーーーーーー!!!』息子と二人で久しぶりに大声をだした

そして、寝室の窓側にある大型コピー機のトレーの中へ逃げ込んでいく。

『出ておいで!』私はバットを付きだし、そーっとコピー機に近づく。トレーの奥から長い触角がゆらゆら動いている。

『コピー機はアカン!ぜったいそこはアカン!すぐ出ておいで』トレーを覗き込んでみた。目が合った

しばらくお互いで見つめ合った

『出ておいで。ぜったいに、ぜったいに殺さないから…お願い出てきて』

祈るように声をひそめて…

すると触角が目の前に飛び出してきて、するっと窓のほうへ身を翻した。

一気に窓を開けて『早く!行き!』

するとぱっと外に出てバルコニーの壁に一瞬とまり、こちらを見て触角を動かして飛んでいった。

バーン!瞬時に窓を閉めた。『あーーーーーーやっといった』っとその場でへなへなと座り込んだ。

生まれてはじめてのゴキブリとの対話だった。

後で息子に聴いたのだが、まるで小さい子どもに言いきかせているようだったらしい。

そりゃそうだ。

大切なコピー機の中に住まわれたらたまったもんじゃない。仕事にならない。

殺生してコピー機の中で死なれても困る

仮に機械が動いて中で粉々になられてもいやだ。

というか、ゴ◯◯◯のコピーがたくさん出てきたらもっといやだもんwww

仕事道具の小さな籠城者にちょっと命を削られた気になった。

  【あぶら虫バット付きだし寝室へ】陽子

ごきぶり(油虫)は俳句では夏の季語。一句の主役になるなんて…(*_*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ