万葉集を音楽と朗読で

令和四年睦月三十(日)

奈良県生駒郡三郷町文化振興財団主催のコンサートに朗読と語りで出演させていただきました。

キャパ400人のホールでコロナ禍により半数の200人、そして会場内厳重な感染対策規制の中

お越しくださったみなさま、興味をもってお申し込みくださった皆様、本当にありがとうございました。

(トップ画像は万葉SOULのお二方と主催代表の三郷町長を囲んで。マスクは撮影時のみ外しました)

万葉SOULのお二方の演奏に添い遂げたい一心でこの1ヶ月半準備をいたしました。

悔いなく終えることができ本当にうれしかったです。

万葉SOULのVo竹中信子さんと

このたび令和の元号の元となった梅花の歌32首合わせて序を朗読もさせていただきました。

“元号は令和”と発表があった平成最後の春、まさか四年後にこうして梅花の歌を朗読せてもらうなどと思いもしませんでした。

一生の宝物です。 

天平衣装をお貸しいただき、着付けでご尽力いただいた

奈良駅前の”天平楽座”代表の加藤陽香さんにも心から御礼申し上げます。

天平楽座代表加藤陽香さんと
天平衣装を着せてもらい勝手に万葉人になった気分でした。額にも魔よけを施してくださいました

天平衣装はたくさんの方にほめていただきました。

もしかすると、語りよりほめていただいたかも知れませぬ(笑)

あらたしき令和四年!みなさまにとって佳き善き一年になりますように

 

 

 

おすすめ記事

2件のコメント

  1. 藤井登志子

    陽子さん、天平衣装素敵です。おめでとうございました。コロナ禍の中、開催されて良かったですね。梅歌の歌、朗読とか、ホットなお声で、きっとピッタリだったかと思います。聞きたかった。藤井

  2. 藤井 様♡
    嬉しいコメントありがとうございます。
    開催していただき、よかったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。