卒業朗読会~やさしい朗読教室~

『楽しかった』『お腹から声を出すって気持ちいい』『朗読が好きになった』などなど講師としてはこの上ない幸せな言葉が飛び交った♡

令和三年度奈良県三郷町文化振興財団カルチャーサロンさんごう

【やさしい朗読教室】の卒業朗読会を本日2月24(木)に開催!

と同時に全10回の講座が修了

受講生の皆さん本当におつかれさまでした。

講座スタート時と卒業の時の読み方の違いがあきらかに。

本当に素晴らしい朗読を聴かせていただいた。

人はいつでも、いくつになっても進化し成長するのだと実感。

本当に楽しませていただいた。

私自身、講師として今期は3回目。令和元年からのスタートで、初回はコロナ禍の入り口での開催。令和二年度の第2期はコロナ禍真っ只中。そして今回は変異ウィルスが猛威をふるいだした中での開催となった。

いろいろな制限がありながらもこうして、朗読を楽しんでてくれる受講生の皆さんのおかげ様で10回コースが無事に完了した。

大切な半年.大切な1時間半.大切な間合い.大切な一呼吸を共有した受講生の皆さんに心から謝意を伝えたい。

令和四年度【やさしい朗読教室】今年の夏の終わりごろからまた募集がはじまる。

定員10名ということで、毎回倍近くの応募をいただき、財団職員の厳選なる抽選により10名の受講生が決まる。

応募しながらまだ一度も受講できていないというあなたの受講を今年の秋、心待ちにしています♡

令和四年二月二十四日令和三年度【やさしい朗読教室】卒業朗読会にて

あとがき

今期受講生の皆さまと記念写真♡ブログに掲載する事もお伝えし、『顔出し禁止の方は♡マークで顔を隠しますのでお申し付けください』とお伝えしたところ、嬉しいことに♡マーク希望者がいませんでした。ご協力いただきありがとうございました♡♡♡♡♡

 

 

 

 

 

卒業を前に…

久しぶり…

社会人になってこんな気持ちを味わえるなんて(*^^*)

学生を卒業する時のあの気持ちと同じ。

神戸三宮地下街”さんちか”にあるラジオ関西のサテライトスタジオ通称”さんちかサテスタ”が55年の幕を閉じる。

このスタジオで、私は15年前からお世話になっている。

15年なんて、先輩方には及ばないけれど。

まさかサテスタが幕を閉じるその瞬間に居合わせるとは思いもしなかった。

サテスタは私の仕事人生の大きな分岐点となった。

ここでお世話にならなければこの仕事は続けられなかった。

本当にたくさんの事を教わった。

叱られることもたくさんあった。

でも怒られたことは一度もない。

ラジオの取材を通してたくさんの方と出会わせていただいたことも忘れられない思い出の一つ。

“サテスタこの春で終了”

ニュースや新聞記事にあがりたくさんの方から惜しむ声をいただいた。

そんな中、3年前取材のために参加した神戸布引の滝でのイベントで知り合った青木武司さんから連絡をいただき個人で発信されているYouTubeチャンネル【デネブちゃんねる】の取材を受けさせていただいた。いつもは取材をする方なのに、される側になり不思議な気持ちと嬉しさが交ざりあった。

なんだか卒業アルバム撮影のような感じがした。

青木武司さんとは多分、多分?同年代。他校の友達が卒アル動画を作成してくれたような気分

ありがとうね青木さん。(このブログの最後にデネブちゃんねるリンク貼っております)

サテスタ卒業までの日々が過ぎゆく中で、あゝサテスタなくなるんだって思うと急にさびしくなったりもするが、

でもこれは卒業なのだから。

寂しい、悲しいばかりではないはずだ。

卒業したあとに訪れる新たしきことを楽しみにしながら卒業しなければ。

あっという間に終わる人生なのだから。

令和4年3月31(木)のサテスタ卒業を前に・・

※この記事の写真はすべて青木さんからいただいたものです。デネブちゃんねる↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/BMCM3BavjbM

 

やさしさはど~こだ?

令和3年度 奈良県三郷町文化振興財団

カルチャーサロンさんごう【やさしい朗読教室】の講師をさせていただき早3年。

毎回最終月の2月になると受講生の皆さんと早く会いたい気持ちで、『え!時間まちがえてません?』と思われるぐらい早く到着します。

受講生10名の皆さんはほとんどシニアの方で、本当に素直で一生懸命でぐんぐん上達されます。

朗読をどんどん好きになってくださるのも目に見えてわかります。

今日も失礼承知で申し上げましたが、本当に愛しい~❣️

コロナ禍でたいへんな時ですが、朗読で元気を出してほしいなぁと思う今日このごろです。

2月24(木)は発表会形式で受講生の皆さんの朗読を楽しみに聴かせていただきます。

ところで

やさしい朗読教室って

講師がやさしいからなのか、内容がやさしいからなのか、

とある学生に聞かれ『どっちもよ』って答えたものの、はたして実際の受講生の皆さんはどう思って受講されたのだろうか。

ラストに質問してみようかしらwww(*^^*)

 

 

 

 

 

万葉集を音楽と朗読で

令和四年睦月三十(日)

奈良県生駒郡三郷町文化振興財団主催のコンサートに朗読と語りで出演させていただきました。

キャパ400人のホールでコロナ禍により半数の200人、そして会場内厳重な感染対策規制の中

お越しくださったみなさま、興味をもってお申し込みくださった皆様、本当にありがとうございました。

(トップ画像は万葉SOULのお二方と主催代表の三郷町長を囲んで。マスクは撮影時のみ外しました)

万葉SOULのお二方の演奏に添い遂げたい一心でこの1ヶ月半準備をいたしました。

悔いなく終えることができ本当にうれしかったです。

万葉SOULのVo竹中信子さんと

このたび令和の元号の元となった梅花の歌32首合わせて序を朗読もさせていただきました。

“元号は令和”と発表があった平成最後の春、まさか四年後にこうして梅花の歌を朗読せてもらうなどと思いもしませんでした。

一生の宝物です。 

天平衣装をお貸しいただき、着付けでご尽力いただいた

奈良駅前の”天平楽座”代表の加藤陽香さんにも心から御礼申し上げます。

天平楽座代表加藤陽香さんと
天平衣装を着せてもらい勝手に万葉人になった気分でした。額にも魔よけを施してくださいました

天平衣装はたくさんの方にほめていただきました。

もしかすると、語りよりほめていただいたかも知れませぬ(笑)

あらたしき令和四年!みなさまにとって佳き善き一年になりますように

 

 

 

いつもとちがう1.17

はじめてでした。

27年間で1月17日を兵庫県外で過ごしたのは。

今年は愛知北エフエムUNITED NORTH84.2【ラジオ音楽口伝】の月に一度のナビゲーター担当日…本当はおやすみさせていただこうかと思ったのです。

でも

休まなくてよかった。

というのがこちらSNSなどへの事前告知↓↓↓

1月17(月)第三月曜日13:00愛知北エフエムUNITED NORTH84.2【ラジオ音楽口伝】担当ナビゲーターです。メッセージテーマは”あなたの防災対策を教えて”でお待ちしています。音楽番組ですが、今日はこれでやりたいと音楽口伝メンバー、プロデューサに相談したら快諾してくれました!大感謝!もちろん音楽もお送りします。今日は時代とともに受験生応援ソング。受験生だけではなく、リスナーの皆さんと自分への応援ソングでもあります🎵

ということで、リスナーのみなさんからたくさんの貴重なメッセージをいただきました。紹介しきれなくてごめんなさい。

プロデューサーのMGさんも、真摯に向き合ってトークしてくださり、また音楽口伝仲間も生配信からメッセージをくれました。

本当に本当にありがとうございました。

暮らしていた家もぺしゃんこになり大切な人をたくさん失った大地震。

この時期

27年経った今でも正直フラッシュバックのような症状が出てツラいけど。

過去をふりかえり風化させないことも大切だけど、次世代への展望も合わせてお伝えしたいと思った次第です。

私が産声を上げた愛知県、その地域ラジオ局で迎えた28年目の1.17でした。

新春や女子(?)の風呂旅邪気祓い

女子とは言い難いのですが、五七五におさまるのが”女子”なので…と言い訳をすると、、

“熟女”でもおさまりますよとの声が聴こえてきました(笑)

【新春や熟女風呂旅邪気祓い】…なるほど(*^^*)

今回も旅好き、風呂好きのフォトアーティストのMARI さんからお誘いいただき、行ってまいりました。

MARIちゃん曰く、旅の醍醐味は”風呂と浴衣”だと。

・宿泊施設に大浴場がついている事(できれば塩サウナも)

・浴衣のデザインにこだわりを持つこと

今回は選べる浴衣がキーワード

ということでトップの画像はみだれる前にMARIちゃんに撮影してもらいました浴衣姿で。

浴衣がかわいいと、ほんとうにテンションが上がるんだ!!とはじめて実感

お風呂に何度も入り、つかれ知らずの1泊でしたよ。

そして!旅のシメはやっぱり鰻重…

美味しゅうございました。

日本の旅…あなたのこだわりも教えてくださいね。

Thank You For The Music!

ラジオ関西サテスタで館内DJとして、ラジオパーソナリティーとして勤めさせていただき今年で15年。

15年というとベテラン…と言われますが、いやいやいや実はわか手です。

というのもサテスタからのラジオ関西の公開生放送番組を担当している5人のパーソナリティの中で、今でも私は5番目の末っ子、まだまだひよっこなのです。

2007年5月末

オーディションは、スタジオの中に入らせていただき「何でもいいからしゃべってみて」でした。

時節柄、夢広場の装飾が丁度あじさいになったばかりで、あじさいの話をした記憶が。

あれから瞬く間に過ぎた15年。

洋楽音痴だった私ですが、ここサテスタで特に70’s・80’sは鍛えていただきました。

最近はこの時代の楽曲はイントロで、だいたいわかるようになりましたよ(*^^*)ドレミファドンいけますね!古い?www

で…このスタジオではじめて選んだ洋楽がABBAのチキチータでした。

色あせないABBAの楽曲のように、

いつまでのあの時の場面と、あの時の初々しい私を心に刻んでいたいな~と思いながら

水曜日と金曜日にスタジオに座っております♬

ねこバス!とらバス?フリーパス!

あらためまして

あけましておめでとうございます。

このブログを読んでくださっているあなた様はどんなお正月でしたか?

また教えてくださいね。

私はというと…

お正月三日間はインターネットはほとんど触らず、

家の用事で走り廻りました。

今年は

大晦日に神戸三宮地下街にあるサテスタDJタイムで特集した

森山直太朗さんのアルバムタイトルではないけれど、

今年は新しいスパイスを求めて

森山直太朗さんの2004年のアルバム¨新たなる香辛料を求めて¨

東へ西へ北へ南へ

というわけには、まだまだいかないかもしれませんが、

ねこバス、とらバスのフリーパスで

動いてトライの日々を積み重ねてまいります。

今年もよろしくおつきあいくださいね。

 

 

残り少ない今年をご機嫌に

12月24(金)さんちかサテスタDJタイムでは

クリスマス・イヴということで赤を着てスタジオへ。

サンタDJのつもりでしたが逆にスタジオの前を通ってくださる皆さんから笑顔のプレゼントをいただいた気がします

正午からのDJタイム【金曜日はアルバムを聴こう】でクイーンの特集をしました

1975年12月リリースの4枚目アルバム【オペラ座の夜】よりお届けしました。

わりとクリスマスっぽいのがたくさんあってよかったです

最後はやはりボヘミアン・ラプソディーで。

2021年もそろそろ終わり。

あなたも残り少ない今年をご機嫌にお過ごしくださいね♡

銀座の恋の食物語

2021年9月18(土)今週末も東京へ。

午前中2時間で用事が終わったので、都内で暮らす息子に連絡をしてみると、仕事は休み!ということであっさりと合流できたのでした。

さて、夜ごはん。

息子はスマホ検索、私は直感のお店探し。それが!びっくり!息子がここ良さそうだよと検索したお店と私が歩きながら見て興味を持った洋食屋さんが同じでした。ここ入ろう!と言ったのも同時!

ということで、入ったお店は

創業明治28年レトロで昭和の香り漂う煉瓦亭

カツレツ、エビフライ、牡蠣フライ、どれもこれもおいしく、懐かしい香りがしました。

二人でがっつり!完食です。

ちょっと食べ過ぎたけど、、しあわせだな~~な銀座の夜でした♡