『君は弾かなくていい!僕の手伝いをして』今でもそこに・・

11月17日 兵庫県川西市みつなかホール

今回は天才ピアニスト モナ・飛鳥さんのピアノリサイタルでの

アナウンス《陰》

仕事関係者の間では《陰アナ》という。

この陰アナこそが、この仕事の第一歩だった。

高校3年生の夏、ピアノ教室の発表会に

出演ではなくお手伝いをするように先生から言われる。

なんでなん?!とその当時は正直残念な気持ちで

当日を迎えた。

神戸文化ホール大ホールの舞台そでにアナウンスブースがあり

行ってすぐそこでプログラムを渡された。

マイクに向かって、ほぼ初見、いや初見!笑

プログラムナンバーと、演目、出演者名を読み上げた。

終演後先生からポチ袋を渡され、すごくよかった!助けてくれてありがとう!と

喜んでくれたことに、驚きをかくせなかった。

あの高3の夏がなければ今頃私はこうして

マイクに向かって声を出す仕事をしていない。

発表会から1年半後 先生は交通事故で亡くなられた。

この仕事をするようになって、時々

先生のことを知っている、音楽家の方々とお仕事をさせていただく。

空の上から引き合わせてくださったかな。

神聖なるステージの袖。

いつも何かに護られている。

厳しい・楽しい・おもしろい 三角関係

2019年9月23秋分の日
兵庫県立芸術文化センター神戸女学院ホールにて

田村稔子先生と森真弓先生、両音楽教室のコンサート

アナウンスを今年もさせていただいた。

田村先生とは、もうかれこれ15年のお付き合い。

ご自身のご活躍はもちろん

数々の生徒さんたちをコンクールに送り出し

結果を出させるという敏腕先生。

やさしいだけではなく厳しい方ですが、

可愛らしいところもある憎まれない方。

先生にこれを読まれたら叱られちゃうかも(笑)

とにかくプロを上手に気持ちよく使ってくださる。

プロカメラマンの植村耕司さんとの連携もとても大切。

カメラマンにとって生徒さんたちの晴れの舞台を写真におさめるにあたり、
プログラムの変更や順番が変わるなどの情報は重要。

それをわかりやすく伝えるのも、私の役目。

田村先生と植村さんとあーでもないこーでもないと

開演前から打ち合わせをして本番を迎えました

この三角関係がいつも重要参考人の役割を担う(笑)

仕事なのでお互いの立場から時には厳しい言葉を交わし合う

でも、やっぱり最後は楽しい三角関係…🎶

終演後田村先生を囲んで…カメラマン植村耕司さんと。

淡々と…意外に難しいです

6月15,16の2日間にわたり

バレエコンクールのアナウンと表彰式の司会をさせていただきました。

バレエコンサートはありますが、コンクールの仕事は初。

予選・決選合わせて2日間でおよそ500人の

アナウンスをさせていただきました。

バレエコンサートとは違い、客席には審査員の先生方がずらり、

無論、審査なので演技が終わっても拍手などもありません。

一見すすめる側も淡々とすすめているようですが

これがまた意外と難しいものなのです。

アナウンス技術の基礎を、試される現場でもあるのかな

と想いました。

 

『眠れる森の美女より〜〇〇のV』

『くるみ割り人形より〜…』

『エスメラルダより〜…』

『ドン・キホーテより〜』

『パキータより〜』『コッペリアより〜』

『アルレキナーダより〜』

『パリの炎より〜』

『サタネラより〜』そして『

『白鳥の湖より〜』

このように主なバレエ音楽の1節をおよそ500回聞いていたので

昨日は帰宅後もずっと頭の中をバレエ音楽が(笑)

しかしながらバレエ芸術を学ぶ若い皆さまの

お手伝いができて、本当に感激でした。

みなさまお疲れさまでした。

そして、アナウンスと表彰式司会に関して

お世話になった統括マネージャー様、舞台監督様、音響様、

スタッフの皆様ありがとうございました!

本日は晴天なり。ホールアナウンス録り

今日は奈良県生駒郡三郷町までアナウンス録りに…

三郷町のホールアナウンスの収録でした

初めて訪れた三郷町は長閑であたたかい

大和川の清流を聴きながら

川面の菜の花を愛でながら

この地域の方々と繋がることができたような

お仕事でした。

収録してくださったスタッフの太田さん

帰宅した際

【今日はお疲れ様でした。

録音したコメントは、今後大切に使わせて頂きます】

とメールが届いていて

あらためて三郷町の皆さまの

お役にたてますようにという思いと

感謝の気持ちが溢れました。

そして午後は…

平成31年1月6日は2つの仕事をこなしました

午前中はさくらFMの生中継。その後

一旦帰宅し、服を黒のスーツに着替え

行き先は兵庫県川西市みつなかホールへ。

大蔵流茂山狂言新春川西公演

演目•演者紹介のアナウンスを

させていただきました。

今年で3回目…

今回は

【茂山童司改め三世茂山千之丞襲名記念公演】

節目の公演でした。

茂山あきらさんの

新春トークにはじまり

先代の茂山千之丞さんが

最も得意とした【鈍太郎】を

当代千之丞さんが初めて演じられました。

続いて【二人山伏】は

当代千之丞さんが2015年

発表した新作狂言

最後は【千切木】でにぎやかに終演

舞台袖ではありますが

出演者の皆さまの息遣いと

笑い

息付く間もない一日でしたが

なぜか感謝あふれる一日でした。

笑う門には、福来る。新年の

門出を祝う初和らい❢

ありがとうございました

年内は…

平成30年12月23天皇誕生日

年内最後のホールでの司会とアナウンス業務を

兵庫県宍粟市山崎文化会館で

無事に終えました。

感謝♡ありがとうございました

ラジオの方は

12月26水ラジオ関西さんちかスタジオ公開生放送

12月27木さくらFM市民俳句

12月28金ラジオ関西ショップリポーターとさんちかDJ

で年内は最後です。

もう少しだけ日にちがありますので

もう少しお付き合いくださいませ♡

いつもほんとうにありがとうございます

実りと感謝の一日♡

平成30年11月23祝

大阪府大東市にある

大東総合文化センターサーティーホールで

バレエコンサートのアナウンス仕事でした。

いろいろなタイミングの許可をもらい

お引き受けさせていただくことができた仕事でした。

ナレーションをさせていただいた

陰陽師【勿忘草】は

綿密な時間の読みが必要でいつものストップウォッチくんが

たいへん役に立ちました。

さて、本日お世話になったというか私を

初めて雇ってくださったのは…大阪にある

島バレエダンススタジオ様

バイタリティ溢れる先生方と

生徒さんたちの純朴さ

アナウンスの舞台袖からでしたが拝見

見事でした!

小さい子ども〜大人まで

支えるお母さま方も人情味あふれています

仕事なので直接お話することはありませんが

よく伝わってきます

すてきな舞台のお手伝いを

させていただくことができました。

直接依頼をしてくださった

代表Ai Hirakawaさん

15周年の節目のステージに

アナウンサーとしてお手伝い

させていただき

感謝の気持ちでいっぱいてす

ありがとうございました

護る・守る・命の訓練

━アナウンス歴初の現場━

平成30年度芦屋市総合防災訓練が11月4㈰

開催されました。

会場は市内で最も海岸に近い

潮芦屋地区市海洋町。

この度、在籍させていただいている

地元ラジオ局さくらFMからの派遣で

この防災総合訓練のアナウンスを担当させて

いただきました。

はじめての経験でどうなるかとドキドキしましたが、

当日早めにお約束くださった担当者

芦屋市地域防災担当課長

樋口文夫さんとの念入りなお打ち合わせにより

本番はなんとか滞りなくつとめさせていただきました。

━訓練を通して━

兵庫県消防防災航空隊のヘリコプター・自衛隊車両・パトカー・消防車両・救急車両(順不同)が

随時出動した大規模訓練でした

訓練想定は↓↓↓

紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグニチュード9の地震発生(南海トラフ巨大地震)午前10時00分・芦屋市では震度6弱の地震と津波により瀬戸内海沿岸部に大津波警報が発表され避難者が続出し被害が拡大している

市内各所で家屋の倒壊や火災が発生しており,負傷者、避難者が続出し被害が拡大している

地震発生後すぐ防災無線で大津波警報がなる

直後、市の消防団と市の統括広報班が

現場に赴き状況を周知し、市民に対して

警報を伝え、避難を促す。

警察、消防、レスキュー、自衛隊の出動。

大規模災害が発生した場合

どのように被害状況を把握し

市民に安全を伝えていくのか、

各関係者へ情報を送り込んで行くのかを

訓練を目の当たりにして

知ることができました。

防災士パーソナリティ近藤栄さんからいただいた貴重な写真 後ろからの写真は自撮りできないので嬉しいです!栄さんに感謝です

━生き抜く力━

今回の訓練では芦屋市自主防災会、芦屋防災士の会、芦屋市商工会の皆様による炊き出し訓練も行われ、自衛隊の炊飯車を使いおよそ500人分のカレーライスと牛丼がふるまわれました。

私もいただきました。

あたたかくて、美味しい。

少し薄味につくられているところも

被災した人たちに対しての深い心遣いを感じました。

━伝えるということ━

実は始まる少し前にマイクテストをかねて

担当者の集合を促すアナウンスをしたところ

1人のご年配の男性から直接

声のボリュームが小さくて聞き取りにくいと

言われました。

サイレンや、車両、パワーショベルの音で

もっともっと聞こえにくくなる、

これはいかんと思い、本番は

かなり大きなボリュームを意識し

声を発しました。

あの方の一言のおかげです。

こういう場合のアナウンスは、

ただきれいに発するだけでは伝わらない。

実況力がいる

災害時だからこそおちついた

わかりやすい情報提供が求められます

建物と同じようにデザイン(個性)のまえに

まず基礎だということを

あらためて感じさせていただきました。

これはラジオでも同じだということも。

緊急告知ラジオ芦屋市バージョン 災害情報をいち早くキャッチ!一家に1台以上あると便利です

さて、会場ではさくらFM防災番組【いつもおそばに】

パーソナリティ近藤栄さんも取材をされていました

毎週月曜日午後7時〜生放送です。

ぜひチャンネル合わせてくださいね

↓↓↓↓↓

さくらFMホームページ

終了後はさくらFMのブースにご挨拶

この会場での森川ちゃんと

さくらFMでもこの会場の様子が放送されました レポーターの森川ちゃんとさくらFMブース前にて、、遠近方で後ろにいったのに、、あたしでかい!(笑)

育成・・末っ子だからこそ・・

どこに行っても一番末っ子の私。

まあ、本当の兄姉環境がついてまわります。

でも、これがまた私にぴったりの環境なのか

心地よく馴染んでいきます。

そりゃ、叱られたりすることもあります

でもそれを全部栄養源に変換できるところも

末っ子ならではの要領の良さかもしれません。

そんな私、後進の指導を

スタジオプロデューサーから促していただき

密かにレッスンを行っています。

〈ここに書いたら密かではなくなりますが〉

実は過去レッスンをうけてくださった皆さん

最初はみんな優しそう、ゆるそう、と思うらしい。

それが、蓋をあけたらキッツイ(厳しい)おばちゃん(笑)

でもみんな素直に受け止め

吸収してくれるのが嬉しいです🎵

育成させていただくと

やはり初心にかえることができます

私がもっているものは伝えたいと思う反面

強力なライバルでもあるため

今まで以上にしっかりとやっていかないと・・ですね

私もまだまだ成長させてもらっています。

大きく進化しよう

身体だけじゃなく

乙女の祈り…

2018.4.8(日)は兵庫県川西市のみつなかホールで

アナウンスの仕事でした。

今回もすばらしい公演を影ながら

拝見拝聴し勤めさせていただきました。

-プロムジカ女性合唱団2018日本公演-

1986年ハンガリーニーレジハーザ市

小学校を卒業し

それぞれちがった高校に進んだ少女たちが

大好きな合唱をどうしても続けたくて、週末歌いに集まって出来た合唱団です。

 

卓越した音楽指導と最高の合唱の響きを作り上げた

指揮者で指導者の

デーネシュ・サボーさん率いる

この合唱団

数多くの世界的なコンクールで

いくつものグランプリを受賞。

ヨーロッパ中では知らない人はいないほど。

 

洗練された透明な声と

完璧なアンサンブルを聴いて

やさしさに包まれた空間に身を置いている感じがました。

 

メンバーによる日本語での曲紹介も

あたたかい

 

最後3曲は日本のうた

 ♪雪の降る町を

♪夏の思い出

 ♪さくらさくら

 

そしてさいごは

♪花は咲く

♪ふるさと

 

圧巻!泣けました‥

 

4月8日,日本では

お釈迦様のお誕生日(花祭り)

ハンガリーの天使たちの歌声とともに心にenergyをいただきました