パニックになった後悔

昨日1月20(月)昼過ぎJR神戸線普通電車に乗車中、私の目の前で男性が(20代後半ぐらい?)ほぼ直立状態で前に倒れた。

1分近く意識がなかったと思う。車内の非常ボタンを探したけど私もパニックになりわからない!

あたふたしているうちに甲南山手駅にさしかかった。
急に男性の意識がもどり自力で起き上がったが朦朧としている。

鼻血がでていたので手持ちのティッシュを差し出して、そのまま座っていてと促しているうちに駅についた。

電車に乗ろうとした人が異変に気付き
ホームの非常ボタンを押してくれた。

駅員さんが駆けつけ男性を抱えるように車内からおろしてくれたが男性は朦朧としながらも『すみません貧血で』と言っていた。

駅員さんが救急車呼びますかと男性に聞いている。男性は座り込んだまま頭を横にふっている。

『すみませんその方、倒れたとき頭を手すりで強くうっています!絶対に救急車よんでください!』

私は発車直前の車内から叫んだ。電車は4分遅れで発車。

電車に揺られながら自分が一番の目撃者だったのに、降りて救急車が来るまで着いていてあげたらよかったと激しく後悔した。

それと車内の非常ボタン、あとで落ち着いて探したら 車両の一番後ろにあった。倒れた場所は一番前!両方にないの??

しかしちゃんと把握しておけばよかったとこれも後悔。

幸いだったのは、普通列車ですぐ駅に着いたこと。
ホームの緊急ボタンがちょうどその車両の前にあったこと。

帰路は私鉄に乗り、真っ先に非常ボタンを探した。
1車両に2ヵ所あった。 

今日も違う私鉄に乗りどこに非常ボタンがあるのか確認した。

平常心とパニック状態はこうも違うものか。

非常時への備えは、パニックにならないための気持ちのそなえでもあるんだとあらためて感じた。

あのあと男性はどうなっただろうか。

どうか無事でありますように。

25年

今日は父の命日。

そして明日は阪神淡路大震災から25年。

お花は毎年かかさない

ちょっと体調がよろしくなかったので

お花は…買いにいけないかなと思った。

でも父も震災も節目の時だから、、ヤッパリ買う!

閉店間際のフラワーショップに走り

スイートピーと黄色いバラを手に。

間に合った。

 

 

 

これを着ていた頃をいつまでも…

帰省が終わり大学の寮に帰っていった息子の置土産は

箱根駅伝補助員用ジャンパー。補助員とは

箱根駅伝で沿道とコースの間に数メートル毎に立っている人たち。

箱根駅伝に関わる陸上競技部の学生たちが補助員として立つと聴いた。

今年は黄色いジャンパーだったからか、補助員の人たちはよく目立つた。

あざやかな黄色に身を包んだその下で、炎のように燃え盛る

『来年こそは!』という想い。映像からも見てとれる。

息子もその中のひとり。

1月2日往路1区15キロ地点、復路10区の蒲田で担当したらしい。

1月3日復路終了後兵庫県西宮市自宅にもどってきて

1月5日にまた大学の寮にもどった息子。

補助員ジャンパーをカバンから取り出し

『これ、いらない』

『記念にもっていたら?』

『いや!来年は本線出場するからいらない!』って、、

わかるよ、、よーくわかります。しかし、、

誰が着る?あたし?いやムリ

高校生の弟?軟式野球部ですけど。

と言う間もなく帰っていった。

後でそっと着てみたらとても軽くて温かい(笑)着るんかい

来年走れても走れなくても

これから長距離をつづけられても

つづけられなくても…

補助員をしていた時の気持ちを忘れずに…

ということで母のあたしが記念にもっておこう(^^)

『動』

楽に動く。

楽に過ごす。

楽に生きる。

楽に死にたい。

いつもそんなことを思っている。

でも『どうしたら楽できるか』は

考えたことがない。

だから無駄な動きが多い。

でも今年1年間は本当によく

動いた。実のある動きをした。

仕事準備に出たり、入ったり

体重やお金が増えたり、減ったり

取材に行ったり、来たり。

だから木村陽子の今年の漢字一文字は

『動』

来年はもっと動いて痩せてやる!

来年はもっと磨いて美し人になる!

来年はもっと口角あげてたくさん笑う!

今年もお世話になりました。

本当にありがとうございました

また、来年もよろしくお願いいたします。

待ち受け

2019年12月6日からスタートした第25回神戸ルミナリエ。

今日12月15日に閉幕した。私は

毎年この時期からが震災忌の祈りの時とおもっている。

神戸ルミナリエについては賛否両論いろいろあるけれど

地震後はじめてのルミナリエのとき

どれぐらいたくさんの人が、あの点灯の瞬間に心が救われたことか。

私もそのひとり。

今日はいつもの夜のイルミネーション風景ではなく、

夜の点灯を待つ、来てくれる人を待つ

昼のルミナリエの顔にスポットしてみた。

昼の顔、いわゆるヒルナリエを見ると

ちがう角度から開催の意味や、開催の大変さも伝わってくる。

訪れる人々を待つ、待ち受けの昼の顔

今年は素敵な待ち受けの姿を記憶にのこしてみた。

〜大和路の夕陽に白き芒かな〜

奈良から福岡に移り住む友人の送別に。

平城宮跡、朱雀門広場を歩きながら別れを惜しむも

旅立ちを祝う。

引っ越しの準備で大変な中、

とっておきの場所に連れて行ってくれた。

平城宮跡に生い茂るススキは太陽が照らすと

白く光るという。

この日はほとんど太陽がでなかった。

しかし、夕陽の時間…

一瞬の出来事だった。

夕陽が雲をかき分け、まるでスポットライトのように

ススキを照らす。その瞬間をスマホカメラにおさめた。

出逢って17年。実際に会って話したのは

17年のうちたった4日ほどだったけど、

まあ、ほんとに

私の仕事にも役立つ事をたくさん伝えてくれた同世代。

インターネットをバリバリ使いこなすが

インターネットにのっていないようなこと【へー!そうなんだ】を

教えてくれたり。

たくさんの人たちが別れを惜しむ中、

ちょっとフライングして、朱雀門をバックに!

ありがとう!どうか福岡でもお元気で!

ごめんなさい…やり直しです。

一週間に三回書く。とか

月木土にアップする。など

書いたとたんに書かなくなってしまって

本当にごめんなさい。

『自分の性格と相談して発信を』

先日読者さんから有難いご指摘をいただきました

書きたいことや書くべきことは

山ほどあるのに。

タイミングを逃すと、もうだめ…

これからは

短文でもリアルにその時を伝えるように

いたします。

やり直し、、いや

また蕾から咲き直します。

これからも

どうか…お付き合いくださいますよう

よろしくお願いいたします

第96回箱根駅伝予選会の御礼

この度息子の所属している大学陸上部を、応援いただきましたこと、心から御礼申し上げます。

結果

令和元年10月29日更新武蔵野学院大学陸上競技部faceBookページより↓↓↓

10月26日に開催されました
「第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」の結果をご報告させていただきます❗️

総合成績
21位、11時間16分28秒

個人成績

21着 1:04:05 ワンブア・タイタス(ケニア)

72着 1:05:18 舩田 圭吾(東海大山形高)

157着 1:06:29 木村 純一郎(報徳学園高)

191着 1:06:56 原田 宗市(弘前実業高)

220着 1:07:26 黒澤 明(花輪高)

249着 1:08:01 竹内 嵩人(伊勢崎商業高)

256着 1:08:12 木下 雄斗(相馬高)

269着 1:08:31 佐藤 拓夢(東海大山形高)

334着 1:10:41 佐藤 茂哉(米沢中央高)

338着 1:10:49 森 竜也(大牟田高)

368着 1:12:01 田村 剣心(白鴎大足利高)

403着 1:13:18 下田 季矢(中之条高)

以上の結果となりました。

チームとしては過去最高順位で更に上位で戦えるのではないかという結果となりました!
そして来年以降予選会突破という目標を達成するにあたりとても良いニュースがあり2年の舩田 圭吾が本日発表されました関東学生連合チームに4年藤井 亮矢が1年時に出場して以来3年ぶりに選出されました‼️

↓↓↓↓

学連選抜の通知書

今後とも武蔵野学院大学陸上競技部の応援をよろしくお願いします!

学内2位の舩田君が学連選抜に選ばれたこと、飛び上がるほどうれしかったです。本当におめでとう!がんばってください

来年〜再来年の本戦へ、チームの襷につながることを信じています!

この度私自身、仕事で応援にはいけなかったのですが

後輩のお母さんと妹さんが応援に行って様子を知らせてくれ、写真を撮って送ってくださったり

関東在住のリスナーさんが会場の大学ブースまで行ってくださり、レースはもちろんレース以外のショットをたくさん撮ってくださったり、チームメイトのベストショットをたくさん撮影してくれました。

関東在住の同級生がテレビ放送をVにしてあたたかいメッセージを添えて送ってくれたり、

昨年の予選会で出会った箱根駅伝大好きなご婦人景子さんは会場に応援にいってくださり、写真や動画を撮ってくださいました。

もう、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

息子はこれからの1年、チームをまとめるお役をいただいたようです。

チームと仲間の役に立てるように、感謝のと慎みの心で学生陸上生活を全うしてほしいと母として願うばかりです。

オフィシャルサイトなのに、、今回は私事でたいへん失礼しました。

明日から11月!心新たに!私も息子に負けないでがんばります

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

線路は続くよどこまでもー兵庫県朝来市神子畑ー

阪神淡路大震災後の住宅事情もあり

平成7年の5月から兵庫県宍粟市で2年半暮らした。

宍粟市の中でも一番北側に位置する一宮町で。

宍粟市には鉄道がとおっていないためマイカーか

神姫バス。

どうしても鉄道というときに利用していたのが播但線

となり町の朝来市新井(にい)駅。

今回は思い出の和田山、新井、そして明延鉱山跡へ

取材旅にでかけた。

当時はゆっくり眺めることができなかったため

どうしても足を止めたかった

『神子畑選鉱場跡』に立ち寄った。

階段状の巨大構造物とドーム型のシックナーなどが

閉鎖された当時のままの出で立ちで行き交う人の

感嘆の声をすくい上げる。

鉱山事務所として使用されていた当時の

建物ムーセ旧居も一般公開され神子畑選鉱所の

歴史や模型などさまざまな展示を見ることができる。

昭和のはじめ頃、神子畑と明延の間に建設された

鉱山鉄道明神電車。

鉱石を運搬する合間に一円という日本一安い運賃で

町に暮らす人の足として使用されたため

一円電車という愛称で呼ばれるようになった。

一円電車は現在も保存されている。

鉱山の町として賑わった明延。

社宅や銀行、娯楽施設もあり、当時は山間部の中の

巨大都市だったのだ。

今回は神子畑にスポットをあてたが、

姫路から生野、養父まで銀の馬車道、鉱石の道として

つながっている73kmを近々旅をすることになった。

旅の線路は続くどこまでも^_^

YOKO KIMURAのチャレンジ!

『春は振り出し・夏は課題・秋はチャレンジ・冬は極める』

(勝手にヨーコスタイルですが)

ということで秋はチャレンジ!いや、秋にチャレンジ…

今までずっとチャレンジは秋。

10月から新しい仕事が増えた。

受けた以上はこれもチャレンジ。

チャレンジするまではぎりぎりまで悩む

だから期日最終日とか、締め切り時間2分前に

エイッ!と行くことが多い。

あたるかあたらないか,
成功か失敗か

それはチャレンジャーが決めることではない

だからそんなこと考えない。

とにかくおもいたったらチャレンジする。

この仕事もそうだった…これはまだまだチャレンジ真最中

表紙の写真は初秋に応募した

モロゾフプリンお皿出しチャレンジ2019

これはどうやら当たったみたい!(笑)