YOKO KIMURAのチャレンジ!

『春は振り出し・夏は課題・秋はチャレンジ・冬は極める』

(勝手にヨーコスタイルですが)

ということで秋はチャレンジ!いや、秋にチャレンジ…

今までずっとチャレンジは秋。

10月から新しい仕事が増えた。

受けた以上はこれもチャレンジ。

チャレンジするまではぎりぎりまで悩む

だから期日最終日とか、締め切り時間2分前に

エイッ!と行くことが多い。

あたるかあたらないか,
成功か失敗か

それはチャレンジャーが決めることではない

だからそんなこと考えない。

とにかくおもいたったらチャレンジする。

この仕事もそうだった…これはまだまだチャレンジ真最中

表紙の写真は初秋に応募した

モロゾフプリンお皿出しチャレンジ2019

これはどうやら当たったみたい!(笑)

時間旅行と命の旅…④港町散歩~宮城県気仙沼市~

喜怒哀楽ではなく喜と哀楽がいっぱいの旅でした。

時間旅行と命の旅エピローグは…

港町気仙沼散歩でしめくくりたいと思います。

私が宿泊していたのは

JR大船渡線気仙沼駅すぐ目の前にあるホテルパールシティ気仙沼でした。

行きは飛行機でしたが、帰りは新幹線だったので

駅が近いのが一番!と思い選んだ宿泊場所です。

朝食を食べながら駅の様子を撮影してみました。

気仙沼の駅舎の屋根はお魚❓聞けばメカジキと漁師さんが描かれているということでした。

そして灯台を模した迎灯がやはり港町らしいですね。

2日間この風景を堪能しながら朝御飯をいただきました

続きを読む

時間旅行と命の旅…③宮城県気仙沼市 杉ノ下地区と震災遺構・伝承館

今日は令和元年9月1日防災の日

8月22日気仙沼入して2日目のこと

中々書けなくて、あれから10日が過ぎてしまっている。

なぜだかわからない。

伝えたいと思えば思うほど。そこでこの度

気仙沼ですべての日程をコーディネートしてくださった

地元新聞社三陸新報の玉谷誠一さんに相談をしたところ

『見たまんまを淡々と書いてみたら』だった

4年前2015年11月私が初めて訪れた気仙沼の街

一番はじめに足を運んで衝撃を受けた場所

岩井崎杉ノ下地区。

この地域では毎年津波の避難訓練をしていたという。

避難場所は標高11メートルの高台

2011年3月11日地震が起こってその後津波がやって来ることは

この地区の皆さんにとって想定内のことだった。

指定されている避難場所に行けば大丈夫だ!

誰もが疑わなかった。

避難指定場所標高11メートルの高台に押し寄せたのは

高さ18メートルの津波!その津波により

避難場所で50名〜60名の方が命を落とし、

杉ノ下地区の住民312名中93名の方が亡くなった。

4年前訪れたとき、瓦礫の中93名の方々の名前と、

あなたを忘れないという絆のメッセージが刻まれていた石碑の前で

嗚咽がこみ上げたことをはっきりと覚えている。

そして私も会ったことがない皆さまだけど

なにか魂の縁で引き寄せられたことを実感した。

『忘れない。

会いに来ます。

私以外の人を必ず連れて・・・』

石碑の前で約束をした。それから2年、毎夏

中学生息子や息子つながりの保護者の友と

気仙沼を訪れたが、スケジュールの都合上

杉ノ下地区に足を運ぶことができなかった。

この度4年ぶりにやっと、会いに行くことができた。

4年前とは随分雰囲気が変わっていた。

瓦礫はほとんど撤去され、しっかり整地され

石碑に背を向けると

そこから穏やかな海が見えた。

ゆっくりだけど復興にむけて歩んでいる街だと思った。

このあと車で5分も走ったか

気仙沼向洋高校跡の

『気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館』に

連れて行っていただいた。

伝承館の職員の方は杉ノ下地区で親戚が

亡くなられた・・と聞かせてもらった。

兵庫県から来たというと、その方の従兄弟が

神戸市東灘区岡本にいらっしゃっるということだった。

私の実家東灘区御影の隣町。御影も岡本も

阪神淡路大震災で大きな被害を受けた地域

それもよくご存知だった。

小野寺さん・・・

HAT神戸『人と防災未来センター』に行ってみたいとおっしゃていたので

次は私がご案内しますと約束をした。

震災遺構・伝承館でみた当時の生々しい様子と

そして津波で大切な家族を亡くされた3人の方の映像は

想像を遥かに超えたものだった。

もう、つらすぎて直視できず

ずっと下を向いて流れる涙をぬぐうばかりだった。

でも、これをしっかり心に納めないと

伝えられないんだと言い聞かせた。

今日は防災の日、中々書けなかったけど

杉ノ下の93名の方々が導いてくれたようなきがした。

表紙の写真は震災遺構・伝承館で購入した杉ノ下地区のことを

モデルに書かれた絵本。

読み伝えるつもりで購入したものです。

では

震災遺構・伝承館で撮影した

画像を添付させていただき、今日のブログのお別れと

させていただきます。次回はシリーズラスト

気仙沼の旬の食、そしてラヂオ気仙沼についてお話をします

今現在の向洋高校の建物。この日から2学期がはじまり通常でした↓↓

メッセージを受け取る日

亡き父は8月15日になると毎年客間で大の字になり

レコードをかけていた。それも軍歌…

子どものころ、その姿が不思議でならなかった。

幼稚園の夏私は母に『お客間でお行儀わるいねお父さん』と言うと

母は『しー!陽ちゃん、お父さんはね、お空にいる大切な人とお話してるのよ。だからそっとしてあげてね』

その時全く意味がわからなかった。

父は16歳のとき広島県江田島で終戦を迎えた。

海軍兵学校77期生(現在海上自衛隊第一術科学校)

父からこの時代の話はほとんど聴いたことがない。

今年下の息子が父のその当時の歳、満16歳になった。

高校の軟式野球部に所属していて、

本当は今日から合宿に行くはずが、台風のためオフになった。

時間ができたため

母のところへ連れていって父の御霊にご挨拶。

8月15日…

毎年必ずなんらかの形でメッセージを受け取る。

仕事であったり、映像であったり、いつもと違う音であったり。

この日は天に召された大切な人が帰ってくる日

今年も静かに祈りを捧げ後世に伝える日になった。

時の鐘…月9ドラマか木村陽子のブログか

8月に入って5日

こんなことは今までなかった。

新しい月に入って5日も過ぎ初めてのブログ更新…

夜がだめなんです。

最近になり夜(23時以降)に原稿や手紙を

書いたり、仕事するのをやめました。

時間の使い方が年々ヘタになっています

先日、サテスタDJの後輩が

「ブログの更新を何曜日かに決めておけば良いと思います」

と言ってくれました。なぜかと聞くと、、

お店といっしょで、たとえ週に1日でも◯曜日にオープンしていると

わかっていれば、必ずお客さんはその日に来店します。

ブログも同じで、陽子さんは◯曜日に更新するとわかれば

ファンの方たちは◯曜日に必ずサイトに来てくれます。

◯曜日に更新されるとわかるから、ようは安心感ですよ。

いつ開くか更新されるかわかんないお店には自然と

足が遠のきますから」

なるほど…

ということでブログの更新曜日を決めて

更新していくことに決めました。

月曜・木曜・土曜です

月9・木曜ドラマ劇場・土曜ワイド劇場

テレビドラマも人気がでやすく

長続きしてるんですもの。

いただきます(•‿•)しかし

ここで公言しても、ようはそれを続けなければなりませんね

やります!

時を告げる時の鐘のような

ブログにします。

今まで、お気に入りに登録してくれていた皆様

いつもありがとうございます。

更新日をわかりやすくいたしますので

これからもどうぞよろしくお願いいたします

8月5月曜日  木村陽子

7月17日と言う日

感謝しています。

両親に。

感謝しています。

家族に。

先祖に。

感謝しています。

親友に。

友人に

仲間に。

感謝しています。

上司に。

先輩に。

感謝しています。

好きだと思ってくれる人に。

好きだと思ってくれた人に。

むかしの恋人に。

感謝しています

今おかれている状況すべてに。

感謝しています。

7月17日。

たくさんのお祝いの言葉と

心のもったプレゼントをいただきまして

感謝の気持ちでいっぱいです。

今を喜び、慎みの心を持ち、周りの方々に

喜んでいただけるように精進いたします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします

ありがとうございました

陽子

初々しさを知る

令和元年7月1日

今日も新しい風がふきました。

お昼は。

10代の頃からの友が美味しいお蕎麦をごちそうしてくれました

彼女と話していると過去の自分と向き合えます。

スビリチアルってあまりよくわからないけど

自然に…自分の弱さをさらけ出せるというか。

こりかたまったものがほぐれていくのです。

そう、お蕎麦のあとに出てくる蕎麦湯の

ような…あたたかくやわらかい

夜は。

8月10日に京都で披露宴の司会を

させていただくことになり、顔合わせに

新郎様と新婦さまにお会いしてきました。

平成生まれのお二人。

育ててくれた家族への大切な想いや、

ご友人やお仲間に楽しんでもらえるような

披露宴にしたいという気持ちを話してくれました。

私がすっかり忘れていた気持ち…

思い起こさせてくれました。

打ち合わせ中思わず涙がこぼれました。

7月…私は誕生月。

誕生日は親に感謝する日だと、以前

私より十歳以上も若い人が呟いてた。

私はというと…

自分の我を通す。

強情。

迷える子羊みたいに振る舞いながら

超がつく負けず嫌い。

おまけにへんなところで

完璧主義者

でもつっこみどころ満載。

いったいどうしたいの??って感じです。

そんな自分をしっかり見つめ直しなさいよと。

令和元年の7月1日は教えてくれました。

謙虚さと引っ込み思案を

心の強さと強情を

自由とわがままを

はきちがえるな、、、と

 

こんなわたくしですが

令和の7月もどうぞよろしくお願いいたします♡

 

よかった・・

6月最終日

久しぶりに劇団四季のミュージカルを生で観劇しました。

心にビタミン注入。

しっかりプログラムも購入して

まぁなんともご機嫌な日曜日になりました

やはりライブは良いですね~

観劇中の私はくせ者。

なぜならば

①主人公と自分を重ねる

②自分一人の世界観で物語に入り込む

③勝手に結末を妄想し、涙する

とにかく自己中観劇。

だから心のビタミンなのかもね。

 

本日のキャストはこのように

当日掲載。

これも劇団四季ならでは!

よかった!本当に…また行く❤

31歳…あのとき私も同じ気持ちでした

「生後3カ月長女殺害疑い 新潟・長岡市職員の31歳母逮捕」

今朝高校生の朝食をつくりながら

このニュースを耳にしました。

とっさに…このお母さんだけじゃない

誰もがそうなるんだと私の心がさけんでいました。

今回は、日常的な虐待の跡は見られず

突発的な行動だったようです。31歳

実は・・同じ歳、、私にも身に覚えがあるのです。

高校生の息子が生まれてすぐ、

2ヶ月になるならないかの時。抱っこしても

なにをしても赤ちゃんが泣くということを受け入れられず

『もう!なんで!』と思い切りゆさぶってしまいました。

なぜだかわかりません。私の赤ちゃん、、

というよりえたいのしれない宇宙人と向き合っているような

気になりました。

なぜこうなるのか。私なりにかんがえてみると

妊娠中は妊婦さんとして皆にいたわってもらい、

自分自身でも胎教のことなども含め、

とにかくゆっくりとした時間を過ごした。

いざ、生まれてきたらどうだろう。

急にあわただしくなり、今までの妊婦生活が

うそのような忙しさ!

おまけにホルモンのバランスはズダボロ。

深夜の授乳で寝不足。

そして相手はただただ泣く宇宙人。

昼も夜もおかまいなしだ!

私の気持ちはどこへ向ければよいの?

体も思うように動かない。外出もままならない。

気分転換なんてまだまだ先。

正直しんどいと・・おっぱいも出ない。どれだけ飲めているか

体重を毎時間きっちり測って、、ため息ついて、、そんな繰り返し

そして、今回の事件長岡のお母さんのように

私は赤ちゃんを放り投げそうになった。

だから私は、このお母さんがひどいとは

全く思わない。

かわいくないわけじゃない。

いつまでもこの状況が続くわけじゃない。

でも、もうこのまま一生をおえるぐらいの

勢いなのです。

私の様子がおかしいと言い出したのは当時

一歳の赤ちゃんを育てていた従姉でした。

彼女は保育士でもあったので

・赤ちゃんは泣くもの

・おっぱいでなけりゃミルクでいいやん

・眠れるときに赤ちゃんといっしょにねよう

など色々気を楽にしてくれた。

彼女の行動と言葉でずいぶん救われたのでした。


ひとは1人では生きていけないんですね

そして気付きが大切です。

このニュース過去の私とリンクしてしまいました。

ママたち、、ファイト

あなたはそれでいいんだよ。

(表紙の写真は息子生後3ヶ月の寝顔と私)


私の友人で行本充子さんが理事長をつとめる

↓↓↓↓↓

乳幼児子育てサポート協会

産後うつゼロをめざしてと、いろいろな

活動をされています。

私も共感する部分がたくさんあります

ホームページ、ブログには

子育て中のママたちへのやさしいメッセージが

たくさん綴られています

乳幼児育て真っ只中のママたちには

ぜひ、、たどりついていただきたいです。

ビギナーズラックよ来い!全日本大学駅伝関東選考会出場20校が決定!

しばらく高校・大学駅伝の事を書いていませんでした。しかし

久しぶりにこのニュースにときめいてしまいました!私は

個人的に武蔵野学院大学を応援しておりますが

初出場校がんばってほしいです。

来い!ビギナーズラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全日本大学駅伝関東選考会出場20校が決定 武蔵野学院大、駿河台大、日本薬科大が初出場(2019年6月2日)|BIGLOBEニュース

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0602/sph_190602_1141185082.html

表紙の写真は昨年の箱根駅伝予選会昭和記念公園にて。

ゴール200メートル付近で走り去った武蔵野学院大学の選手。

箱根駅伝出場にどうか繋げてほしいです!