〜大和路の夕陽に白き芒かな〜

奈良から福岡に移り住む友人の送別に。

平城宮跡、朱雀門広場を歩きながら別れを惜しむも

旅立ちを祝う。

引っ越しの準備で大変な中、

とっておきの場所に連れて行ってくれた。

平城宮跡に生い茂るススキは太陽が照らすと

白く光るという。

この日はほとんど太陽がでなかった。

しかし、夕陽の時間…

一瞬の出来事だった。

夕陽が雲をかき分け、まるでスポットライトのように

ススキを照らす。その瞬間をスマホカメラにおさめた。

出逢って17年。実際に会って話したのは

17年のうちたった4日ほどだったけど、

まあ、ほんとに

私の仕事にも役立つ事をたくさん伝えてくれた同世代。

インターネットをバリバリ使いこなすが

インターネットにのっていないようなこと【へー!そうなんだ】を

教えてくれたり。

たくさんの人たちが別れを惜しむ中、

ちょっとフライングして、朱雀門をバックに!

ありがとう!どうか福岡でもお元気で!

ごめんなさい…やり直しです。

一週間に三回書く。とか

月木土にアップする。など

書いたとたんに書かなくなってしまって

本当にごめんなさい。

『自分の性格と相談して発信を』

先日読者さんから有難いご指摘をいただきました

書きたいことや書くべきことは

山ほどあるのに。

タイミングを逃すと、もうだめ…

これからは

短文でもリアルにその時を伝えるように

いたします。

やり直し、、いや

また蕾から咲き直します。

これからも

どうか…お付き合いくださいますよう

よろしくお願いいたします

第96回箱根駅伝予選会の御礼

この度息子の所属している大学陸上部を、応援いただきましたこと、心から御礼申し上げます。

結果

令和元年10月29日更新武蔵野学院大学陸上競技部faceBookページより↓↓↓

10月26日に開催されました
「第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」の結果をご報告させていただきます❗️

総合成績
21位、11時間16分28秒

個人成績

21着 1:04:05 ワンブア・タイタス(ケニア)

72着 1:05:18 舩田 圭吾(東海大山形高)

157着 1:06:29 木村 純一郎(報徳学園高)

191着 1:06:56 原田 宗市(弘前実業高)

220着 1:07:26 黒澤 明(花輪高)

249着 1:08:01 竹内 嵩人(伊勢崎商業高)

256着 1:08:12 木下 雄斗(相馬高)

269着 1:08:31 佐藤 拓夢(東海大山形高)

334着 1:10:41 佐藤 茂哉(米沢中央高)

338着 1:10:49 森 竜也(大牟田高)

368着 1:12:01 田村 剣心(白鴎大足利高)

403着 1:13:18 下田 季矢(中之条高)

以上の結果となりました。

チームとしては過去最高順位で更に上位で戦えるのではないかという結果となりました!
そして来年以降予選会突破という目標を達成するにあたりとても良いニュースがあり2年の舩田 圭吾が本日発表されました関東学生連合チームに4年藤井 亮矢が1年時に出場して以来3年ぶりに選出されました‼️

↓↓↓↓

学連選抜の通知書

今後とも武蔵野学院大学陸上競技部の応援をよろしくお願いします!

学内2位の舩田君が学連選抜に選ばれたこと、飛び上がるほどうれしかったです。本当におめでとう!がんばってください

来年〜再来年の本戦へ、チームの襷につながることを信じています!

この度私自身、仕事で応援にはいけなかったのですが

後輩のお母さんと妹さんが応援に行って様子を知らせてくれ、写真を撮って送ってくださったり

関東在住のリスナーさんが会場の大学ブースまで行ってくださり、レースはもちろんレース以外のショットをたくさん撮ってくださったり、チームメイトのベストショットをたくさん撮影してくれました。

関東在住の同級生がテレビ放送をVにしてあたたかいメッセージを添えて送ってくれたり、

昨年の予選会で出会った箱根駅伝大好きなご婦人景子さんは会場に応援にいってくださり、写真や動画を撮ってくださいました。

もう、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

息子はこれからの1年、チームをまとめるお役をいただいたようです。

チームと仲間の役に立てるように、感謝のと慎みの心で学生陸上生活を全うしてほしいと母として願うばかりです。

オフィシャルサイトなのに、、今回は私事でたいへん失礼しました。

明日から11月!心新たに!私も息子に負けないでがんばります

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

線路は続くよどこまでもー兵庫県朝来市神子畑ー

阪神淡路大震災後の住宅事情もあり

平成7年の5月から兵庫県宍粟市で2年半暮らした。

宍粟市の中でも一番北側に位置する一宮町で。

宍粟市には鉄道がとおっていないためマイカーか

神姫バス。

どうしても鉄道というときに利用していたのが播但線

となり町の朝来市新井(にい)駅。

今回は思い出の和田山、新井、そして明延鉱山跡へ

取材旅にでかけた。

当時はゆっくり眺めることができなかったため

どうしても足を止めたかった

『神子畑選鉱場跡』に立ち寄った。

階段状の巨大構造物とドーム型のシックナーなどが

閉鎖された当時のままの出で立ちで行き交う人の

感嘆の声をすくい上げる。

鉱山事務所として使用されていた当時の

建物ムーセ旧居も一般公開され神子畑選鉱所の

歴史や模型などさまざまな展示を見ることができる。

昭和のはじめ頃、神子畑と明延の間に建設された

鉱山鉄道明神電車。

鉱石を運搬する合間に一円という日本一安い運賃で

町に暮らす人の足として使用されたため

一円電車という愛称で呼ばれるようになった。

一円電車は現在も保存されている。

鉱山の町として賑わった明延。

社宅や銀行、娯楽施設もあり、当時は山間部の中の

巨大都市だったのだ。

今回は神子畑にスポットをあてたが、

姫路から生野、養父まで銀の馬車道、鉱石の道として

つながっている73kmを近々旅をすることになった。

旅の線路は続くどこまでも^_^

YOKO KIMURAのチャレンジ!

『春は振り出し・夏は課題・秋はチャレンジ・冬は極める』

(勝手にヨーコスタイルですが)

ということで秋はチャレンジ!いや、秋にチャレンジ…

今までずっとチャレンジは秋。

10月から新しい仕事が増えた。

受けた以上はこれもチャレンジ。

チャレンジするまではぎりぎりまで悩む

だから期日最終日とか、締め切り時間2分前に

エイッ!と行くことが多い。

あたるかあたらないか,
成功か失敗か

それはチャレンジャーが決めることではない

だからそんなこと考えない。

とにかくおもいたったらチャレンジする。

この仕事もそうだった…これはまだまだチャレンジ真最中

表紙の写真は初秋に応募した

モロゾフプリンお皿出しチャレンジ2019

これはどうやら当たったみたい!(笑)

時間旅行と命の旅…④港町散歩~宮城県気仙沼市~

喜怒哀楽ではなく喜と哀楽がいっぱいの旅でした。

時間旅行と命の旅エピローグは…

港町気仙沼散歩でしめくくりたいと思います。

私が宿泊していたのは

JR大船渡線気仙沼駅すぐ目の前にあるホテルパールシティ気仙沼でした。

行きは飛行機でしたが、帰りは新幹線だったので

駅が近いのが一番!と思い選んだ宿泊場所です。

朝食を食べながら駅の様子を撮影してみました。

気仙沼の駅舎の屋根はお魚❓聞けばメカジキと漁師さんが描かれているということでした。

そして灯台を模した迎灯がやはり港町らしいですね。

2日間この風景を堪能しながら朝御飯をいただきました

続きを読む

時間旅行と命の旅…③宮城県気仙沼市 杉ノ下地区と震災遺構・伝承館

今日は令和元年9月1日防災の日

8月22日気仙沼入して2日目のこと

中々書けなくて、あれから10日が過ぎてしまっている。

なぜだかわからない。

伝えたいと思えば思うほど。そこでこの度

気仙沼ですべての日程をコーディネートしてくださった

地元新聞社三陸新報の玉谷誠一さんに相談をしたところ

『見たまんまを淡々と書いてみたら』だった

4年前2015年11月私が初めて訪れた気仙沼の街

一番はじめに足を運んで衝撃を受けた場所

岩井崎杉ノ下地区。

この地域では毎年津波の避難訓練をしていたという。

避難場所は標高11メートルの高台

2011年3月11日地震が起こってその後津波がやって来ることは

この地区の皆さんにとって想定内のことだった。

指定されている避難場所に行けば大丈夫だ!

誰もが疑わなかった。

避難指定場所標高11メートルの高台に押し寄せたのは

高さ18メートルの津波!その津波により

避難場所で50名〜60名の方が命を落とし、

杉ノ下地区の住民312名中93名の方が亡くなった。

4年前訪れたとき、瓦礫の中93名の方々の名前と、

あなたを忘れないという絆のメッセージが刻まれていた石碑の前で

嗚咽がこみ上げたことをはっきりと覚えている。

そして私も会ったことがない皆さまだけど

なにか魂の縁で引き寄せられたことを実感した。

『忘れない。

会いに来ます。

私以外の人を必ず連れて・・・』

石碑の前で約束をした。それから2年、毎夏

中学生息子や息子つながりの保護者の友と

気仙沼を訪れたが、スケジュールの都合上

杉ノ下地区に足を運ぶことができなかった。

この度4年ぶりにやっと、会いに行くことができた。

4年前とは随分雰囲気が変わっていた。

瓦礫はほとんど撤去され、しっかり整地され

石碑に背を向けると

そこから穏やかな海が見えた。

ゆっくりだけど復興にむけて歩んでいる街だと思った。

このあと車で5分も走ったか

気仙沼向洋高校跡の

『気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館』に

連れて行っていただいた。

伝承館の職員の方は杉ノ下地区で親戚が

亡くなられた・・と聞かせてもらった。

兵庫県から来たというと、その方の従兄弟が

神戸市東灘区岡本にいらっしゃっるということだった。

私の実家東灘区御影の隣町。御影も岡本も

阪神淡路大震災で大きな被害を受けた地域

それもよくご存知だった。

小野寺さん・・・

HAT神戸『人と防災未来センター』に行ってみたいとおっしゃていたので

次は私がご案内しますと約束をした。

震災遺構・伝承館でみた当時の生々しい様子と

そして津波で大切な家族を亡くされた3人の方の映像は

想像を遥かに超えたものだった。

もう、つらすぎて直視できず

ずっと下を向いて流れる涙をぬぐうばかりだった。

でも、これをしっかり心に納めないと

伝えられないんだと言い聞かせた。

今日は防災の日、中々書けなかったけど

杉ノ下の93名の方々が導いてくれたようなきがした。

表紙の写真は震災遺構・伝承館で購入した杉ノ下地区のことを

モデルに書かれた絵本。

読み伝えるつもりで購入したものです。

では

震災遺構・伝承館で撮影した

画像を添付させていただき、今日のブログのお別れと

させていただきます。次回はシリーズラスト

気仙沼の旬の食、そしてラヂオ気仙沼についてお話をします

今現在の向洋高校の建物。この日から2学期がはじまり通常でした↓↓

メッセージを受け取る日

亡き父は8月15日になると毎年客間で大の字になり

レコードをかけていた。それも軍歌…

子どものころ、その姿が不思議でならなかった。

幼稚園の夏私は母に『お客間でお行儀わるいねお父さん』と言うと

母は『しー!陽ちゃん、お父さんはね、お空にいる大切な人とお話してるのよ。だからそっとしてあげてね』

その時全く意味がわからなかった。

父は16歳のとき広島県江田島で終戦を迎えた。

海軍兵学校77期生(現在海上自衛隊第一術科学校)

父からこの時代の話はほとんど聴いたことがない。

今年下の息子が父のその当時の歳、満16歳になった。

高校の軟式野球部に所属していて、

本当は今日から合宿に行くはずが、台風のためオフになった。

時間ができたため

母のところへ連れていって父の御霊にご挨拶。

8月15日…

毎年必ずなんらかの形でメッセージを受け取る。

仕事であったり、映像であったり、いつもと違う音であったり。

この日は天に召された大切な人が帰ってくる日

今年も静かに祈りを捧げ後世に伝える日になった。

時の鐘…月9ドラマか木村陽子のブログか

8月に入って5日

こんなことは今までなかった。

新しい月に入って5日も過ぎ初めてのブログ更新…

夜がだめなんです。

最近になり夜(23時以降)に原稿や手紙を

書いたり、仕事するのをやめました。

時間の使い方が年々ヘタになっています

先日、サテスタDJの後輩が

「ブログの更新を何曜日かに決めておけば良いと思います」

と言ってくれました。なぜかと聞くと、、

お店といっしょで、たとえ週に1日でも◯曜日にオープンしていると

わかっていれば、必ずお客さんはその日に来店します。

ブログも同じで、陽子さんは◯曜日に更新するとわかれば

ファンの方たちは◯曜日に必ずサイトに来てくれます。

◯曜日に更新されるとわかるから、ようは安心感ですよ。

いつ開くか更新されるかわかんないお店には自然と

足が遠のきますから」

なるほど…

ということでブログの更新曜日を決めて

更新していくことに決めました。

月曜・木曜・土曜です

月9・木曜ドラマ劇場・土曜ワイド劇場

テレビドラマも人気がでやすく

長続きしてるんですもの。

いただきます(•‿•)しかし

ここで公言しても、ようはそれを続けなければなりませんね

やります!

時を告げる時の鐘のような

ブログにします。

今まで、お気に入りに登録してくれていた皆様

いつもありがとうございます。

更新日をわかりやすくいたしますので

これからもどうぞよろしくお願いいたします

8月5月曜日  木村陽子

7月17日と言う日

感謝しています。

両親に。

感謝しています。

家族に。

先祖に。

感謝しています。

親友に。

友人に

仲間に。

感謝しています。

上司に。

先輩に。

感謝しています。

好きだと思ってくれる人に。

好きだと思ってくれた人に。

むかしの恋人に。

感謝しています

今おかれている状況すべてに。

感謝しています。

7月17日。

たくさんのお祝いの言葉と

心のもったプレゼントをいただきまして

感謝の気持ちでいっぱいです。

今を喜び、慎みの心を持ち、周りの方々に

喜んでいただけるように精進いたします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします

ありがとうございました

陽子