【YUKIGUNI】

平成31年4月1日

今年の4月1日は一味ちがう

新しい元号の発表があったから

まるで弟か妹を出産する母を見守る

幼子のような気持ちで発表を待った。

そしてこんなにも平成を意識した日が

あっただろうか…

生まれた元号は

まだ、命はふきこまれていないが

素晴らしい名をもらった

令和…



初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

日本最古の歌集「万葉集」の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」



梅は上へ上へと花をつける…
写真は2年前に地元の甲東梅林の取材で撮影したもの
青空へまっすぐに
新しい希望あふれる、夢叶う時代

もうまもなく…

自分の強みと自分の価値

木村陽子って…

木村も陽子も万とある名

検索してもなかなか出てきません。

同姓同名の大学教授や陽子の字はちがうけど

区議会議員さんは一番にあがってきます

「そりゃだれも知らんやろ…だって知らそうとしてないやん」

相談したお相手にきっぱり言われました。

お相手は名刺コンサル

れいあうと・にっしん株式会社
代表取締役社長 名倉 信一さん
⏩れいあうと・にっしんホームページ

年齢的に環境や立ち位置が変化していく時期

今までと同じ感覚ではつまらないなって思い

自分をどうしたいか見直したくなり相談しました。

名倉さんは4年前にラジオ番組のコーナーに

ゲスト出演いただいてからのご縁。

そして、丁度3か月前の昨年12月14日

ご自身が携わっている経営者の会のセミナーに

私を発声練習の講師として迎えてくださった方です。

本日、記憶に残った名倉さんからの言葉

【自分の強みと価値は違うで】

これからの自分プレゼン力の糧になりそうです

ご用がたくさんなのに、お時間をいただきありがとうございました

相談後の記念写真を表紙にいたしました

がんばろう自分!

八年の伝え方

あの日から八年。

震災後四年が経って

はじめて宮城県気仙沼市に赴く。

その時に連れて行っていただいた

杉ノ下地区

九三名の方々の名前が石碑に並ぶ。

地震発生時ここがどういう場所だったのか

説明を聴いた時は愕然とした。

たしかにここにあった命の証

心の記憶にのこしてねと

言われたようだった、いや言われたのだ。

忘れない。

あれから毎年一回は気仙沼へ。

昨年は仙台、東松島、石巻へ。

しかし気仙沼へは足をのばせなかった。

今年は逢いに行くと心に決めた

杉ノ下地区へは四年越しになる。

四年前とはずいぶん変わったと

石碑の場所も移転をしたと聴く。

月日が経っても場所が変わっても

ご遺族の方々、被災された方々の

悲しみは止まらない。

今朝OBCラジオ大阪の生島ヒロシさんの番組で

気仙沼の方々の生の声を聴かせてもらった

その中に私を杉ノ下地区の九三名の方々と

引き合わせてくださった

地元新聞社 三陸新報社記者の

玉谷誠一さんが

街の復興がもたらす震災の記憶の風化を

どうやって防ぐか

説得力のある風化防止を強く訴えておられた

それを聴いて

やはり、もっもっと足を運ぼうと。そして

家族、子ども、大切な人に口伝する。

震災のことだけではなく、

素晴らしい場所や特徴、そして美味しいものも。

いっぱい伝えていっぱい足を運んでもらえるように・・



radikoのタイムフリー↓↓↓↓↓↓3月18(月)まで聴取可能です

⏩生島ヒロシのおはよう一直線│OBCラジオ大阪│2019/03/11/月 5:30-6:30 h

温故知新の年度末

平成の31回目の年度末

時代が変わるってことは新たな歴史が

創られるってことですね。

終わりは始まり。

この私も公私とも

変化の渦中です。

4月からの新しい歴史創りの準備に

追われる・・いや、準備を楽しむ

1ヶ月間になりそうです。

まだ、開けたことのない戸を

開けるための・・リサーチ

そんな感じの1ヶ月だと思います。

自分をしっかりもって・・進めます

と言いつつ

弱音を吐くことがあるかもしれません。

その時はどうか

「グチグチ言ってんじゃねーよ‼️」って

叱ってやってください。

どうかどうか3月も

よろしくお願いいたします♡

2月のひとりごとたち


2019.2.28(新人やるな〜)
自宅から3キロ先の駅までタクシーに乗った。車内に掲出の自己紹介からどうやら新人運転手さん。駅付近で私「じゃ、もうここでおりますから」運転手さん「あーこ、ここですねーえーーっと、そうしたらこのへんでー」とかって語尾をのばし停車もゆっくりのばし、止まった瞬間ワンメーターがカシャッ‼え?‼やられたわ……


2019.2.22(魔性のお菓子)
袋を開けたら一気に最後までたべないと、気がすまなくなるもの・・【黒こしょうジャイアントコーン】はぁ今日もやってしまったわ。魔性や


2019.2.15【スレた社会人】
先日トンカツを一緒に食べた彼女は、ヤケにそのトンカツ屋さんを気にいって
「またあのお店行こうよ!最高やわあのお店、、店員さんもいい感じやし、なんといってもごはんもキャベツもおかわり自由なんてすごいサービスよね!もー感動」
私「あ、うん、、いや、最近のトンカツ屋さんほとんどそんなサービスしてるよ、どこでも」
彼女「えーー!?」
彼女はチョロチョロ私みたいに外出や外食をしない。するときはドドーンとビジネスクラスで一流ホテルに何日も滞在するようなお嬢様奥様。そりゃ食べ放題感動するわ、、おかわり当たり前と言った私は、自分自身がスレた社会人に思えて仕方なかったわ…


2019.2.12【…のわりには】
久しぶりに友人とランチをした。ダイエット中の私は食べても良い時間帯だったのでトンカツをリクエスト!おいしいわ!!ごはんも、トンカツの衣までも一粒たりとも残さずきれいに食べた。そんな私を見て「ダイエット中のわりには、わざわざ油たっぷりの衣を、しかも皿に散らばってる油のカスまできれいに食べるなんて」と首をかしげてた…えーー!あかんの?衣一粒は米より小さいのにー?そんな問題じゃないのか…


2019.2.9【大洋ホエールズ?!】
呉服屋さんで、四十代ぐらいのまあまあイケメンの職人さんが見積書作成中に「ようこのようは?」「はい、太陽の陽です!」なのに見積書には〈木村洋子〉と。野球してたらしいけど太陽の陽を大洋と思うのはわたしよりずっと年上やわ…

久しぶりの俳句会

さくらFMで俳句の番組を再担当させていただき

西宮俳句協会会長 尚山和桜先生のご案内役を

勤めさせていただいて4月で1年。

5月から先生率いる句会に参加して

強く楽しくたくましく俳句を

詠ませて頂いています

昨年末から年明けの句会は仕事がタテコミ

参加できませんでしたが、

この度2月23㈯久しぶりに参加できました。

月に一度の貴重な2時間。やはり参加して

よかったーーと思いました。

なかなか詠めない俳句。

五七五でとか、季語は?とか常に

意識しながらいろいろな場面をみていますが

なかなか詠めませんね。

詠めないながらにも

このサイトの俳句のコーナー

クリック➤➤陽子俳句〜陽子は行く〜

句会に出せるようにできるだけ

更新しています。

今回の句会で先生が一票投じてくださった句は

【バレンタイン隣は何個買うのやら】

女子らしい、バレンタインならではの句と

講評くださいました。意外❣(笑)でもでも

嬉しかったですーー☆

これからもまた【陽子俳句〜陽子は行く〜】

更新していきますのでのぞいてやってくださいね

歳時記はいつでも私の味方です〜陽子

おそまつでした…

Sharing a happy time!一緒に!

ラジオ関西さんちかときめきタイム

平成31年2月20日放送

ゲストは神戸市立須磨離宮公園副園長

高田浩ニさん

2月8日にオープンしたダイニングカフェ

「ガーデンパタジェ須磨離宮」のご案内を

してくださいました。

昭和42年からのこの建物の中にリニューアルオープン!

パタジェとは分かち合うこと

美味しいもの、楽しい時間、素敵な空間を

Shareしようと言う意味がこめられています

自然、ナチュラルをコンセプトに展開される

お料理の内容はおしゃれで体に優しいものばかり

女性はとくに嬉しい内容です

いろいろ教えてくださいました

音楽と合わせてradikoタイムフリー

番組を貼り付けておきますのでよろしければ

お聴きくださいね↓↓↓↓

さんちかときめきタイム│ラジオ関西│2019/02/20/水 12:10-12:30

お送りした曲

🎵ギルバート•オサリバンそよ風にキッス

🎵エンヤ エニウェア•イズ

🎵クランベリーズでドリームス

高田さんエエお声で短いじかんでしたが

わかりやすくお話くださいました。

写真は放送終了直後です

ありがとうございました

おねだり

金曜日のさんちかスタジオでお世話になっている

S先輩と生放送後、お昼ごはんをたべながらの雑談で

先輩「広辞苑が新しくなったから古い広辞苑がはいった

電子辞書を処分するわ」と。

私「えー!処分ですか?処分されるならください!」

先輩「え、いいの?もらってくれるなら喜んで」

私「ありがとうございます!」と

あっさりいただいた電子辞書。

いざ、開いてみると…それはそれは!!

辞書一式!プラスたくさんの百科事典!

里山ハンドブック、おまけに頭脳パズル

数字パズルまで‼‼

ツールがつまっていました!

ありがたいのが【日本語アクセント辞典】

わたしたちの仕事以外であまり使うことがないと

思うので、ご存知ない方が多いとおもいます。

ま、そんな辞典があるんだと言うことも

お見知り置きいただいていても荷物にならないですよね(^_-)

先輩におねだりしてよかったーー^_^

なんでも聞いてね!生き字引木村陽子です

!な〜んて

数字パズルは…たのしいです(笑)

【1本の襷で絆深め合う】第14回風伝説駅伝

たった一本の襷をつなぐ・・

つなぐために流す汗の量は

はかりしれないですね

平成31年1月27(日)

第14回風伝説駅伝が

兵庫県西宮市の武庫川河川敷で開催されました

この駅伝大会のことは2年前にも

このブログで取り上げました。

2年ぶりの更新です

(表紙の写真は前回ブログより抜粋、

古いですが現役高校生の画像掲載の許可とり忘れたのでこれでお許しを)

風伝説駅伝とは…幼児から大人まで、

幅広い年齢層が駅伝を楽しめる大会です。

昔は鶴谷杯と呼ばれていました。

鶴谷さんと言えば駅伝の名門!

報徳学園高校陸上部(駅伝部)前監督の名前。

参加人数も多い年で1000人。

老若男女関係なくほんと幅広く

駅伝を楽しむことができる大会です

今年もなんだかほのぼのと笑顔の多い駅伝大会でした。

駅伝のほかロードレース大会も行われ

武庫川河川敷はおおいに賑わいました。

私はやはり報徳学園贔屓ですので

チーム報徳の応援に。

今年は全国大会へ期待も大きい現役駅伝部員

やはりあの緑ジャージと緑ユニフォームを見ると

込み上げてくるものがありますね

そして今年も現役選手と同様、

OB選手とその父選手の活躍もハンパなかったです。

今回の名シーンは、、OBの父と子の襷渡し。

親子で襷を渡し合う。

素晴らしい決定的瞬間!

シャッターを押しに走りよりましたが

ご、ごめんなさい

シャッターチャンス下手やーーん(;゜0゜)

ラバコーンが目立っ

お父さん同士の襷渡しも。襷とはなんと

素晴らしいコミュニケーションツールなんだ!

昨年の1月末に亡くなられた鶴谷監督が

空の上から見守ってくださっいるような気もしました

なんと!鶴谷語録「よろしく報徳です」Tシャツを

着用して報徳選手として走ってくださったOBを発見!

レース後「よろしく報徳さーん」と追いかけて

少しだけインタとらせていただきました。

この方は報徳、初優勝の時のキャプテン2区の植田さん

55歳!ゼッケンは兵庫代表ナンバー28

故鶴谷監督の教え子なんですね~

やはりいらっしゃいましたね。ここ河川敷に

鶴谷監督が

鶴谷監督の意図された風伝説駅伝

すばらしい伝統がいつまでも

ここ兵庫西宮の武庫川で

走り継がれますように。

OBと父たちの笑顔でおさめとさせていただきます