五箇条の…あかさたな誓文

日々これを唱えていれば…たいていは乗り越えられる!と思う(笑)

木村陽子独自の新しい生活様式はこれ

『五箇条のあかさたな誓文』

あ!明るく生きる

か!勘違いしない

さ!さっさとする

た!他己をうけいれる

な!何事も丁寧に

あ!明るくない本当は。すぐくよくよして一人で家にいるとホッとする根から暗い木村。

か!過去に勘違いをしまくり、目に見えない大きな力にすべての物事引きずり降ろされたことがある。

さ!さっさとしとけば良いのに、、と親兄姉に言われまくった幼少期。とにかくトロい。幼稚園の先生から『のそのそさんからぴちぴちさんになろうね』とよく言われた。

た!他人からみた自分を知る事により、勘違いが起こらないことにつながる気がする。

な!何事もコロナ禍により丁寧に行うようになった。どれだけ素敵なことかと思う。自分にではなく、人に丁寧に

こんな私ですが、6月もよろしくお願いいたします

余生はふるさとで

ちょこんと座ってささをたをたべる後ろ姿が可愛かった。

20年間本当にありがとう!

神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ

旦旦(たんたん24歳)が今年、中国に帰国することに決まったらしい。

あ〜来るべき時が来たと言う感じ。

震災後の神戸の街を元気にしてくれた。

2頭の夫とはつらい別れを経験しながらも

老若男女たくさんの人を笑顔にしてくれた。

パンダ歳の24歳は人間の70歳ぐらいなのだそう。

7月で中国からの貸与期間終了だが、新型コロナウイルスの影響で帰国する日は決まっていないとの事

正直、一日でも長く神戸にいてほしい。

その気持ちとは裏腹に

故郷で余生をゆっくり楽しんでねという気持ちもこみ上げてくる。

たんたん〜本当にありがとう♡いつまでも大好き!

注※画像は番組内でたんたんを紹介している木村で実際のたんたんではございません^_^🐼

時をかける女学生?気分になれる一冊

はじめてラジオで朗読させていただいたのは地元さくらFMの番組で。

『チルドレター』というコーナー名をつくって学生、生徒、児童の作文や大人たちのなにげない呟きをお借りして読ませていただいた。

チルドは子どものchildと、冷蔵庫の中で新鮮さを保つためのチルドルームをかけた勝手に作った語。

でも、その名のとおり。新鮮で純粋な手紙をご紹介させていただく事ができた。

そして、ラジオ関西ではいくつか担当させていただいた番組の中で木村の朗読のコーナーをつくっていただいたりした。

エッセイや時には学生の作文、そして現役スポーツ選手、監督の言葉や歴史上の偉人の言葉

とにかく

命にまつわるエピソード作品で、寺の住職さんたちの書物からも多く読ませていただいた。

そのため、週末は図書館に入り浸り、たくさんの書物に触れた時間は、今でも自分の宝物。

そこで何気なく手にとって虜になったのが

今村欣史さん著書『詩集コーヒーカップの耳』

今村欣史さんご自身が営んでいらっしゃる喫茶店にやってくるお客様たち。

本当にカウンターに座ってコーヒーをのみながら会話を聴かせていただいている気持ちになって。

いっぺんにファンになった。

そして、今年出版された

『完本コーヒーカップの耳』はすぐにネットで予約

この度の感染症騒動がだんだんと身近になり、自粛要請期間に突入する少し前に届けられた。

自室で一人ページをめくるたびに、またまた喫茶店『輪』で会話をしているような気持ちになったり…

喫茶店の窓際にひとり、頬杖ついてカウンターの会話を聴いている女学生の気分にもなり、

笑い、驚き、涙をしながら読ませていただいた。

元々一人で過ごすことは苦痛ではないけれど。

生きている以上やはり、会話がないとか、液晶画面の中以外は誰とも会わないというのはきつい。

そんな悶々とした中で、偶然やって来てくれた必然の本だ。

活字の中の会話は自分の心の会話に繋がる。

手紙もそう。

手紙のやりとりは本当に孤独から救いあげてくれる

そんな手紙のような本だとあらためて思った。

終息したら喫茶店『輪』に足をはこび、今村欣史さんにお礼を言って、サインをいただく!と決めいている。

そして叶うなら『コーヒーカップの耳』をラジオ放送で朗読させていだきたいな。

時をわすれて…いや、時をかけてアナログに浸りませんか

さいごに…

この度の感染症で、罹患された方の一日でも早い回復を願い、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。

令和一周年(五月一日)

ちゅんちゅん…鳥のさえずりと太陽のあかりで目覚めると

今、感染症で緊急事態宣言が出されていることすら忘れていることに気がつく。

昨年のこの日は令和になった日。

令和という元号が万葉集から選ばれたということから、多くの人が万葉集を手にとった一年だったのではと思う。

私もそのひとりかも知れない。

そしてなぜか奈良県と深い御縁をいただいた年でもあった。

それは今までも、これからも続くものだと強く思っている。

7月私の誕生月に、万葉集を読ませていただくお役をいただいている。

この状況下でどうなるのかまだわらないが、今はとにかく開催にむけて準備をしている。

準備をしながら、万葉の人たちの命がけの表現と出会った。

何が正しくて、何が正解かなんていつの時代でもわからないものなんだな。と、思った

今年はわけのわからない感染症拡大防止策まっただ中で迎えた五月。対策の仕方も正解がわからない

とにかく、万物にあたえられているエネルギーの言葉に耳を傾け、心をよせたい。

そうすると戦わなくても共に暮らせるのではないか

そんなことを部屋の中でふつふつと思う、また去年とはちがうある意味忘れない、忘れることができない五月がはじまった。

あ、ご挨拶を

皆さま大変な時ではありますがいっしょに乗り越えて行きましょうね。

五月もどうぞよろしくお願いいたいます。

最後にトップの写真は真剣に加工をし選びました。「なにやってんだか」と笑いながらご覧くださいね

ただいま万葉中(集)

今の状況下でまだなんとも言えないのですが

夏に奈良で開催される万葉LIVEで万葉集を読ませていただきます。

只今猛烈勉強中

今、ご指導いただいている

日本朗読文化協会の飯島晶子先生が毎日更新してくださるYouTubeチャンネル

【今日の万葉集】を聴きながら。

そしてまだお目にはかかったことがないのですが、

奈良大学教授の上野誠先生監修

【マンガでわかる万葉集】を参考にしながら練習をしています。

また詳しくお知らせができる日がわかれば、すぐにアップしたいとおもいます。

ぜひその時はおこしくださいね。

人生初チャレンジのステージがんばりますね♡

机上の癒し♡

STAY HOME

私の口角をあげてくれるアイテムをご紹介

むかって右、ミニ絵画は

音楽とのコラボ。共感覚アーティスト保坂美保子さんの作品。スタジオゲストに来てくださるときに一青窈のハナミズキを聴いて描いてくださった。気分が落ち込んだ時にパッと華やぐ心を持たせてくれる。

保坂さんとはまたスタジオが始まりお会いできる日を楽しみに。

左の書は

多彩なアーティストOshina さんの作品。さくらFMパーソナリティの先輩でもある。5年前の秋、番組改編により私の担当したいた生放送番組が終了となった時にごはんに誘っていただき、そっと差し出してくださった、私の大切なお守り。

また誕生日に書いてくださった色紙にはユニークに手法の嬉しいメッセージが。↓↓↓↓↓↓

YOくうけ取りKO..これは二通りの捉え方を楽しんでほしいと言われた。まず①よく受け取る。良いように受け取る。②はよく受け、みんなが虜になる、、、だそう。

これはまさに夢かなう絵馬のよう。

また外出自粛が解除になったら、おしなさんに会いたいな。

口角を、いやテンションをあげて、とにかく感謝と前進あるのみ。

ですね

 

ひとりだけどひとりじゃない

WEBで飲み会なんて・・と

正直、満たされないのではと思っていた。

しかし…

参加してみるとやはり楽しかった。

先日とあるグループのオンライン飲み会に誘っていただき

はじめて参加。

年に一度程度飲みに行ったりしていた人たちだが

リアル飲み会とはまた違った楽しみ方ができるものだと思った。

それぞれのプライベート空間をうっすらではあるが感じ取るがことができ、

それによって、親近感も沸く。

自分の好きなものを好きに飲んで、

少々飲みすぎても自室という安心感があるため気を使わないでよい。

ただ、画像映えなどの問題で、自分の中では

実物よりはあかん(関西弁でいけてないの意味)顔だったりするので、

あこがれの君や、ちょっとでもかわいく見られたいと思う好きな人とは

やめておこう…なんて思ったりした(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そのぶん電話はいいよね

声だけでね

通話はガラケー

やっぱり人は言葉のコミュニケーションなしでは

生きていけないんだな

改めて思った出来事でーーした(^_-)-☆

 

趣味と恋愛

体のメンテナンスをお願いしている施術師さんとの電話で

コロナで気が滅入るとの話から、好きな事、趣味は何かと聞かれた。

答えられなかった…

趣味…私の場合

仕事の他に

いろいろチャレンジしながら好きになるも、〇〇のためのものがほとんど。

健康のための〇〇

仕事のための〇〇

子育てのための〇〇

家族のための〇〇

小さい頃に習っていた〇〇

私が自ら好きになりモノにしようと思ったものは皆無に等しい。

すべて受け身。

恋愛もそうだ。

自分から告白して貫いた恋などない。 

かといって〇〇のための恋愛はしたことはない。

そう言えば、、昔から好きな異性のタイプはと聞かれてもこたえられなかった。

好きになったらそれがタイプというズルいタイプだった。

ん〜なんだこの虚しさ

いやいやまって

それはだめなことなの??

いや、だめじゃないよね

何をしていたら私は満たされ

何に対して魅了されているのか

今はそれを思い返している。

となると…

答えはひとつ…あれだな^_^

あ、いや、トップの写真はイメージ^_^私の趣味とは無関係です。

コロナの話題から離れたいとき、

ちょっと自分を客観視して考えてみるのは気晴らしになると思ふ今日この頃♡

再考・再興・そして最高な日々へ

ご報告

2020年4月8㈬よりラジオ関西サテスタのある神戸三宮Santicaが兵庫県の緊急事態宣言を受け、しばらくの間休業です。そのため私達の業務、館内DJタイム【さんちかサテスタDJタイム】もお休みをいただきます。

但、日曜日のラジオ関西の生放送番組【さんちかサテスタサンデー】は変わらずOAいたしますので出演の際はどうぞよろしくお願いいたします

その他の出演他スケジュールは今のところ変更はありませんが、このような時ですので急な変更は否めません。その都度スケジュール頁は更新をしてまいりますので今後とも変わらずお付き合いをいただけましたら幸いです。

この日、この時が必ず素晴らしい一日の、最高な時間の源になると信じております。

再考し再興す。そして最高な時へ…さ〜行こう!

生きる!活かせるために…

STAY HOME…

埼玉の大学の寮にいる、息子から電話があった。
埼玉も緊急事態宣言の対象。

大学からは帰省したい人はしてもよいが、できるだけ公共の乗り物を利用しないよう。

家族に自家用車などで迎えに来てもらうのが、望ましいと指示が出たという。

いつ?すぐに迎えにいくよ!と返事をした。

思い返せば彼らが生まれた時、死なさないように毎日必死だった。

あのときの最低限のアイテムが哺乳瓶や器具など消毒液と離乳食作り。

子供たちが成長して、こんな生きるための基本的活動をすっかり忘れていた。

最近、家にいる高校生のために再びキッチンに立つことが多くなった。

上の子が帰ってきたらまた安全で美味しいものをつくってやりたい。

しかし離乳食かどうかは…(笑)いや、ないか^_^