赤ちゃんとお花‥‥1・17への想い

朝、息子と黙祷をした後、仕事のうち合わせがありバタバタとでかけた。阪急電車に乗って夙川から西宮北口まで。

となりに上の歯と下の歯が二本づつ生えた赤ちゃんが、私の顔を見てキャッキャッと笑い、私の顔に自分の顔を近づけ、また屈託のない笑顔で私をみつめてくれる。

私も本気で笑顔になり、ばぁ~とおどけて見せたりした。
しあわせ。

22年前の今ごろはこんな日が来るなんて思えなかった。
当時自宅があった神戸市東灘区御影。

震災の半年前まで私が生活していた二階の部屋は、
ポロんと部屋ごと北隣の家の二階に転がっていた。あとはものの見事にぺしゃんこ

地面の次に見えたのは屋根でした。

とりあえず親兄姉の無事は確認したものの、
道を挟んで向かい側の家まで火の手があがりもうおわりだと息をのんだ。

バイト先でお世話になった先輩が亡くなったこと。
父方の親戚のお豆腐やさんのおじさんと、おばさんが亡くなったこと。

数ヶ月後にはじめて最寄り駅まで電車が再開。阪急御影駅‥
阪急電車で涙がとまらなくなり、しゃくりあげて泣いたこと。

でも、その時はだれもがそうだった。周りの人たちも同じだった。

赤ちゃんの笑顔とリンクして走馬灯のようにめぐった震災直後のこと。
赤ちゃんに生かされた命を再確認させてもらった。

この赤ちゃんの笑顔がずっと続きますように

この笑顔はあのとき亡くなられた方たちが、形をかえて
今生かされている私たちに贈ってくれているものなのかも知れない。

阪神淡路大震災で亡くなられた方たちを想い今日は花をかざりました。
スイートピーの花言葉は門出。
レースフラワーは小さな笑顔がたくさん集まった花。
上へ上へと花をつけていくストック。

そして、あなたがいなくて寂しい気持ちを一輪のカーネーションに。

毎年1月17日が来たら泣いていた。
これからは笑い、前進する1月17日でありますように

image

山あいの街でうけつがれた伝統いつまでも~飛騨高山ひとり旅まとめ~

このたび、がっつり私用ででかけた飛騨高山。
観光目的ではありませんでしたが、日本の古き良きしきたりを
あらためていいな~と思える場面に遭遇しました。

宿泊先の飛騨ホテルプラザ(http://www.hida-hotelplaza.co.jp)
春と秋におこなわれる高山祭りの実物大の屋台、そして写真のような屋台のオブジェがディスプレイ

image

以下高山市観光課のホームページより

16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭は、春の「山王祭」と秋の「八幡祭」があります
高山祭には動く陽明門とも称される「祭屋台」が春には12台、秋には11台曳き揃えられ、その豪華絢爛な姿を披露してくれます。また、総勢数百名におよぶ祭行列は、闘鶏楽や裃姿の警固など伝統の衣装を身にまとい、お囃子や雅楽、獅子舞に先導され祭地域をまわります。夜になると各屋台はそれぞれ100個にもおよぶ提灯を灯し、艶やかに夜の闇を飾ります。飛騨人の意気が高まる高山祭。高山の揺るぎない誇りです。

春の高山祭
毎年4月14日・15日
秋の高山祭
毎年10月9日・10日

私は高山と縁が深いわりには、年に2回のこの大きな祭りを見たことがありません。
今年の4月は行けたらいいな~

以前から興味深い、屋台のからくり人形は、私が暮らしている街(兵庫県西宮市)の伝統芸能にも伝えられる傀儡師(人形遣い)を思い起こさせてくれました。よけいに親近感がわきました。

ホテルの廊下も風情がありましたよ~おみやげ物屋さん、居酒屋さんがならぶ古き街並みのような出で立ち。

image

写真ではお見せできませんが、オートロックではない部屋の鍵になぜか感心しました。

今の時代オートロック、オートドアなど何もしなくても鍵がかかり、ドアが開く。それが当たり前になってる(>_<)
このたび、お部屋に入ってしっかり自分の手で鍵をカチャリとかけました。ん~これが当たり前にならないと。

なんだか考えさせられました。

そう!高山駅は2年ほど前に新しくなったんですが
自動改札機ではなく駅員さんが真ん中にたって切符拝見~
これもすばらしいことですね。

もちろん特級列車ワイドビューひだも電車じゃなくディーゼル車、まっ汽車ですな。
スマホ用のコンセントなどありません。

帰りはタブレットの充電がなくなり、後は車内で爆睡しながら大阪までかえりました。
アナログは時間に追われない。

とてもよい旅でした。
最後に木村陽子おすすめみやげ『めしどろぼ漬』
赤蕪の漬物なんですが、ほんとにほんとにごはんがすすむんです。

この絵のようにごはんがたらなくなるぐらい(笑)

image

さて!このブログをよんでくださった方の中からお一人様に上記『めしどろぼ』をプレゼントいたします。ご希望の方はずっとずっと下にスクロールをしていただき、お問い合わせホームをクリック。メッセージと連絡先をお書き添えくださいね。

こちらからご連絡させていただきまあす。
今回は国内の発送のみとさせていただきますのでご了承ください。

日本列島豪雪!究極の飛騨高山へのひとり旅‥予定どおり帰れるのか?

飛騨高山に到着後、すぐに用事を済ませ、ホテルにチェックインしたのは、雪がだんだんひどくなってきた頃、19時前。

image

早速、夕食をたべに館内のレストランにいきました。
洋食を予約していたので、何が出てくるのか楽しみにしていました。

なんと!フルコースでした
サーモンのテリーヌと野菜のビネガーソース和え

image

栗のポタージュ なんとなく山里らしい(笑)
鯛の白ワインソース添えは白身魚と白ワインの相性がいいね♪

image

image

メインディッシュ!飛騨牛ステーキ。分厚い\(^o^)/
舌の上でとろけました。ライスにしました

image

デザート。フランボワーズのベリーソース添え

image

ひとりワイン

image

ひとりでフルコース、、めちゃめちゃおいしかった!
でも、でもね。やはりここは!はだれかと会話しながらいっしょに食べたいと思いました。

明日はにぎやかにすごせますように。と、願いながら畳じきの大浴場でゆっくりつかって寝ました。

image

二日目。何気にカーテンをあけると昨日よりはるかに多い雪⛄
音もたてずしんしんとふる雪ある意味『物言わずして言う』みたいな感覚だった。

image

朝風呂ですっきり!その後朝食は和食で
昼前にチェックアウトをしてすぐ、甥っ子が家族で迎えにきてくれました。甥っこの車からどか雪をパシャり📷

この雪の中、神社ではどんど焼きの準備をしていました。

image

甥っ子の息子かんかん2歳!激かわ~❤雪に慣れてる
すごーい

image

姉一族と、、、
楽しい時間でした。みんなで記念写真!顔だし了承済みでーす

image

15時35分発の高山~大阪までの直通特急が、、走らないかも?
30分遅れで発車。

しかし大阪までは行けないかもしれないと言われ、車中泊を覚悟!甥っ子が、お土産に買ってくれたみたらしだんごを非常食に決めました

image

大幅に(3時間ぐらい)おくれましたが、無事に本日中に自宅へ

いろいろたべものを堪能させていただきましたが、ひとりで食べるフルコースより、みんなでおしゃべりしながら食べる御膳。

そして豪華なごちそうよりも一本のみたらしだんごに食の幸せを感じました。

質素ってすばらしいね。

ありがとうございました。

これはサスペンス?!奥飛騨ひとり旅~なぜこの雪の中を~

わけあって飛騨高山へ一人旅ちゅうです。♪8時ちょうどのあずさ2号♪じゃないけれど(笑)
8時2分大阪発 特急ワイドビュー飛騨に乗っています。

何年ぶりだろうか。いや、何十年ぶりかも。たしか私がまだ少女だったころに人生初
飛騨高山へのひとり旅をしたのです。

当時はまだ 『急行ひだ』の時代 向かい合わせの箱みたいな座席でした。
汽車だったし。ぎゅうぎゅう詰めだったし。女性専用車両などなかったし。

こんなに綺麗に様変わりしているとはびっくり!
指定席は新幹線のグリーン車なみです

今大ヒットしている映画『君の名は』の舞台が飛騨地方なので、
普段はこの特急もいっぱいなのだとか。

しかし、さすがに今日は大雪情報で?なのか、乗客は少ないようです。

image

大阪駅を出てすぐにおにぎりをむしゃむゃ食べたあと一瞬にして寝おち。はっと目が覚めたら
銀世界でした。岐阜県大垣市あたり

image

秘境の旅。川沿いを電車が上っていく感じ。
不思議なことに高山に近付くたびに晴れ間が見えたりするんです。飛水峡だって‥

image

image

飛騨がつく駅名が多くなってきました。
で、昔からなんでやろーーこんな名前って思っている駅に到着
『下呂』げろ‥下呂温泉

image

こんな大雪でも列車走るのですね~

image

さてそろそろ高山に着きます。また高山でアップしますね~では!のちほど

可愛い娘(こ)と歩けば可愛くなれる街~神戸・岡本界隈~

久しぶりに可愛いお嬢 キッチン&カフェ エマーブル(http://aimable-french.com/)
マネージャー新田亜由美ちゃんとデートをしました。

亜由美ちゃんにセレクトしてもらったお店でランチ!
ここがまた最高においしい、おしゃれなイタリアンでした。
↓↓↓↓
カヴァルッチョ ヴェルデ
http://r.goope.jp/cavalluccioverde

お互い好きなメニューを注文しておいしいお料理に舌鼓をうちながら
好きなことをしゃべり‥いや、私が一方的にしゃべったかな(笑)

本当に素敵な時間でした。亜由美ちゃんに感謝です。

さて、ここでお料理を披露しまあす。バターカボチャのスープ

image

前菜のオードブルはメインディッシュなみのボリュームです。

image

本日のお魚(ぶり)と小松菜のビネガーソース和え。
小松菜、、長かったから一生懸命ナイフでカットしたのですがなかなか

image

ソースと魚との絶妙な舌触りは、野菜がソースでとけていく感じ
ぶりの油もなんだか香ばしく感じました。

そしてデザート!クルミとりんごのパイのような、ケーキのような
カップに入ったコーヒーアイス。はじめて食べました。ウフっ!

image

ゆっくりとしたおいしい時間でした。

そのあとは以前ラジオ番組でも紹介させてもらった
気仙沼のアンテナショップ『気仙沼まただいん』に立ち寄りました。

image

そのあとは、岡本の老舗パン屋さん『フロイン堂』でシナモンいりのあんドーナツを買いました。オホホ!

喫茶店『春秋』へふたりでhotカフェオレをのんで解散しました。

岡本の街も本当に久しぶりでした。昔から大好きなお店がまだそのまま
残っていて嬉かったです。

何より嬉かったのは私が中学生のときにはじめて友達と外食をした
お店サンコトブキはもうなかったけど亜由美ちゃんが知っていたこと

親子ほどの歳の差ですが。。話をあわせてくれたかな
新田亜由美ちゃんどうもありがとね。たのしかったです

神戸岡本界隈の散策おすすめですよ~とくに可愛い女子との散策は
大吉でーす

えー!ほんと??残り福で…『はじめてみた』『はじめて聞いた』

宵えびす・本えびす・残り福・3日間にわたり行われた商売繁盛の神様えべっさんのお祭り。
残り福にいきました。最終日にもかかわらず夜おそくまで参拝客でいっぱいでした。

image

さて、毎年恒例のおみくじ…な、なんと凶!
まじで?…うわぁはじめてみた…など家族から驚きの声

image
う~んなんだかなぁぁ。写真もふるえてこのざまです

見事に!きびしいことばかり書かれていました!トホホ
凶をひいてしまった人へのおみくじフォロー版みたいなものはないのかしら。

こうなったらもう、ベビーカステラで癒されるしかない。と、だれも並んでいないベビーカステラ屋さんで購入。
キャラ重視にしようと全会一致

同行者中学2年生→あんぱんまん
〃  高校3年生→ピカちゅう
〃  大人の女→キティちゃん
image
山盛り!意外と美味しいね

3人の中では、並んでないところが美味しいという結論がでました。
おみくじはなんだかなぁでしたが、、ベビーカステラは吉!

今年は昨年より良い年になりそうです

商売繁盛!笹もってこい~カステラ買ってこい~西宮神社のえべっさん!

年に一度、最寄り駅の阪神西宮界隈は人口密度が高くなります。
普段買い物にいっている駅前のスーパーや百貨店周辺もごった返し

身動きとれず・・

そう!商売繁盛えべっさんのお祭りです
1月9日宵えびす
1月10日本えびす
1月11日残り福

毎年3日間のうちのどこかで必ず参ります。
西宮に暮らして18年、かかさず・・今年は仕事の関係で残り福にいくことになりました。

我が家の生活圏内で毎年行われる神事。
なのでどこにどんな屋台がでているのか、大抵わかるんですよね

本来、立場上開門神事(福男選び)や、西宮のさくらFMの特番のなどを書いたほうがよいのかもしれませんが
あえてここではちががうところに着目(笑)

ベビーカステラ・・・

私も家族も毎年買う場所を決めています。阪神電車の高架下か、駅南側のバス停前とか。

今日の宵えびすは、私以外の家族はそれぞれの仲間と一緒に参詣。

各々でベビーカステラを買って帰ってきました。
食べくらべ・・・・と、その前に・・別々に買ったのに、申し合わせたみたい。まるでオセロです。

黒い袋は高校生。ミルク感たっぷりでした。
白い袋は中学生。甘さひかえめのカリカリ感。

おみくじのようです。というか性格占いかな~
ベビーカステラ・・必ずえべっさんで買います。

どこで買う?
ベビーカステラおみくじ・・あってもいいね。

さて、あさっての残り福。私はどこの屋台でベビーカステラを買いましょうかね~

image

まほろばの旅~正倉院展と五重塔

今年、私が思いきって行動した事の一つとして記録したいのが
奈良国立博物館で11月に行われた第68回正倉院展に足を運んだ事。

image

これは実に一期一会そのもの。
奈良時代の聖武天皇ゆかりの宝物およそ9000件が正倉院に納められている中今回もたった64件の展示でした。

おそらく私のこの人生において、これをのがすと目にすることはできないだろう品々。
聖武天皇のお別れの儀式や、貴族の生活ぶりなどを間近に感じることができました。

個人的に奈良時代は地味なイメージがあったので、今回展示物などを見て、私はとても驚きました。
そのひとつひとつがとても華やかなのです。

聖武天皇の1周忌の法会に外に飾られた大型の染色幡大幡残欠は、色とりどりの華やかな織物、今の時代で例えると手のこんだパッチワークのようです(個人的主観です)高さはおよそ15メートル、大仏様と同じぐらいの高さだったそうですよ。

高価な板状の象牙を使った櫛 牙櫛124本細かい歯を施したものが展示されていて
当時姫たちの長い髪の毛をこれですいていたんだと妄想を繰り広げました。

天皇の儀式、貴族たちの暮らしぶりを少し知ることができた正倉院展。次もいけるかな・・こればかりは
わかりません。この一瞬を大切にしたいと思いました。

なので記念に葉書を購入

image

たぶんポストインしない・・・コレクションにしておこう・・笑

さて、正倉院展観覧のあと、国立博物館周辺を散策!そこでお世話になったのが
モモデザインワークの菊宮健一さん。

image

菊宮さんとは15年前に神戸の地域FMラジオ局(FMわいわい)の番組で何度かご一緒させていただいたご縁です。
当時奈良からバイクで神戸まで通っていらっしゃいました。ま、出演番組がバイクの番組だったんですけどね

15年ぶりの再会!懐かしい話にも華が咲きました。私は当時からきくちゃんと呼ばせてもらっていましたから
ここからはきくちゃんと書かせていただきます。

まず、案内していただいたのが、奈良国立博物館敷地内にそびえるむくろじの木

image

根の張りようが半端ないですね。大きく延びるにはやはり根本がしっかりしていないとだめなんだなって・・

image

写真ではわかりにくいのですが、とにかく幹が空に向かって延びていました。木からかなり離れて撮影してもまだまだ画面に収まらないくらいでした。

次に案内をしていただいたのがおとなり興福寺・五重塔。来年は耐震工事のため国宝館は休館。阿修羅像などの国宝は春と秋2期に分けて仮金堂で公開される予定です。

お天気最高でした!秋晴れ!天晴れ!

前後しますが猿沢池釆女神社も散策。悲しい恋の結末を水面に写した奈良の代表的な池。回りを柳が囲っています。柳は釆女の涙・・なのかな・・な~んて池の写真とりそこねました。あまりにも悲しい物語に涙したため・・笑

image

帝の愛が薄れたことを嘆いて猿沢池に身投げした釆女の霊をなぐさめるためにまつられた
春日大社の末社釆女神社。きくちゃんが外から撮影したものを拝借いたしました。

奈良国立博物館から近鉄奈良駅までゆっくり歩きました。奈良駅でお土産選び。
といっても西宮まで快速急行で直。一時間もかからないのにはびっくり!こんなに奈良が近くなって・・

これからもっともっと知っていきたいいにしえの街、きっと散策した歴女はみんな大和撫子気分です。
でもなぜだか懐かしい記憶をたどった街歩きでした。

image

たくさんナビゲートしてくださった菊宮健一さんありがとうございました。

皆さま最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球と少年~少年野球に思いを馳せて~

 

image

私がが小学生の時、地域で少年野球のチームや組織はありませんでした。
同級生男子たちは『今日野球しよーぜ』と好きなときに、やりたい人が集まって楽しんでいました。

私は野球が好きではありませんでしたが、当時好きだった男子が
ミラクルヤンキースという野球チームを作って遊んでいたので
時々見に行っていました、、その男子を(笑)

公園も今のようにボール禁止なんてなかったし、わぁわぁ言いながら
楽しんでたなぁ~

時々自分のところに飛んでくる球を拾って彼らに返してあげる
『ありがとう』と笑顔で手をあげてくれるのが嬉しくて。

時にはけんかもしながら、でもその時はとことん仲間で話し合って解決
今思えばそれが少年野球の原点ではないのかなとも思います。

いつのまにか時代が変わり、少年野球チームが増え、親もかかわり少年少女の本格的な野球活動の場ができあがりました。

良い悪いは別として、今では将来のプロ野球選手の発掘の場にもなっているように感じます。

image

私事ですが、二人の息子は少年野球経験者です。
一人は野球がしたくて、したくて、自ら入団をしました。

サウスポーでしたから最後はピッチャーをやらせてもらいました。
が、そこが運命の分かれ道。

打たれる度に、自分が悪いと思うようになり、プレッシャーを感じ
マウンドに立つのがつらいと思うようになったのです。

image

最後まで続けましたが、卒部の時に監督から『中学で野球を続けるのか』との問いに『わかりません』と答えました。
中学生になってからは得意の長距離走を伸ばすために陸上部に入部。
今では箱根駅伝を目標にしているランナーです。

もう一人はお兄ちゃんがしてるから見に行っていて何となく入部。
好きでもないけどきらいでもない。雨だったら練習が無くなるから
ラッキー!そんなゆるい部員でした…

が、監督やコーチにかわいがっていただく反面人一倍叱られた部員です。

そんな彼、結局はキャプテンをつとめ、中学生になった今でも野球を続けています。

image

少年野球を通じて二人の子どもは何を学んだのか
私なりに分析をしてみました。

駅伝に移行した子は自分には何が合っているのかを気付かせてもらった
もう一人は続けることの楽しさを体感できた。

人生好きだからできるってわけでもない。好きなことだけできる仕事なんて、、ないと思う。そんな人もいるかもしれないけど稀でしょう。

同じ好きでも下手の横好きか好きこそものの上手なのか
極端な話し、そこまで気づかせてもらったと思います。

私はこの子たちのおかげで少年野球の存在価値、すばらしさを体感する事ができました。

そして今年は西宮軟式少年野球連盟の皆様とも素敵なご縁をいただきました。西宮軟式少年野球連盟のHPは↙↙↙↙↙↙
http://nnbb.jp.net/

西宮は阪神タイガース本拠地・ホームグラウンドがあるところ
少年野球の数も多く活動も充実しています。

どうかこの西宮の街から心身ともに素晴らしい野球選手が誕生してくれますように。

祈りと願いをこめて、連盟主催では一番大きな大会のお手伝いをさせていただきました。これからもこの気持ちは変わらないと思います。

何となく昨今の少年野球は親がたいへんだとか思われがちです。
家庭の事情は、ひとそれぞれ。なのでたいへんなのは当たり前です。

親は基本子どものためにできることをできるかぎりする。
この気持ちとボランティアで指導をしてくれている監督コーチへの
感謝の気持ちを持っていれば大丈夫!

いたってシンプルなことです。

やさしく強い!そんな人間形成にスポーツは最適なアイテムだと私は考えます。

私が想う少年野球とは
人生においての基本姿勢を教えてくれる伝道師《ちょっとおおげさ》かな(笑)

ようこそここへ
読んでくださりありがとうございました

偶然と必然の旅 熊本②

②のblogが消えていました。これも必然でしょう
私が熊本に行った理由もそえて再度構築、記録しました。

熊本の夜は名物をしっかり食しました。
辛子蓮根 馬刺

ご当地ではじめて🔰
お酒がすすみます。ってそんなに飲んでおりませんが
蓮根にぎゅぎゅっ!からしがねりこまれていました。

しゃりっ!つーん!ツンデレの味!

image

馬刺は本当にあっさり。これは特上のため油が良くのっていますが、でもあっさり

image

そうだ!到着したお昼は熊本らーめんでした。豚と鶏の出汁があわさった旨みは、、ミルクの味と感じました。

image

そして夜のホテルのバーでセロリとラ・フランスのフレッシュカクテル

image

うふふ~ほろ酔いな二人

image

そしてお土産、、どれだけ(笑)
image

右上から海老のさつまあげ・からしさつまあげ《8個入りのはずが、帰ったら4個に??なんでーなんでー》知らぬ間につまみぐいしたかも(笑)
いきなりだんご・しょうがのさつまあげ・おにぎりのり・熊本らーめんふりかけ・阿蘇高菜漬け・わかめ・くまモン水・熊本ショコラ・くまモンふりかけ・スープ・熊本応援詰め合わせです
楽しいねお土産えらび

今回の偶然と必然の旅 熊本。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

気ままな女性二人旅でしたが熊本の街が快く受け入れてくれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。くまもんにもお世話になりました

image

しめくくりに薬師丸ひろ子さんの歌
あなたをもっと知りたくての歌詞を

もっともっとあなたを、もっともっと知りたい
今何してるの?今どこにいるの?そして愛してる人はだれですか

image

もしもし、私だれだかわかる~?(笑)

支援とかボランティアとか大きなことは今の私の環境ではできませんが、何かあったらどんな手段をつかってでも、時間がかかっても声をかけます。

そしてこの歌詞のようにいつまでもこんな気持ちで東北や九州の方たちを、街を思いつづけたいな

これは21年たった阪神大震災の私の街や人に対しても同じです。

恋しい人を思う気持ちと同じように・・・忘れないで思い続けます。

熊本!ありがとうございました♥